読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

女神は細部に宿る(4)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

白梅(しらうめ) 学園 清修(せいしゅう) 中高一貫部(東京都)鉄道模型デザイン班

▽過去の連載
 女神は細部に宿る(1)(2)(3)

「最優秀賞」の横断幕。今年こそ掲げたい

 今年8月の全国高校鉄道模型コンテストには、部長のタナたち高2がモジュール部門(60cm×60cm)に、ヒナたち高1が1畳レイアウト部門に挑むことになった。部員たちを見守る顧問のナカザワ先生の思いは…。

とっても楽しいよ

 小学生とその保護者を対象にした学校説明会で、高1になったばかりのヒナたちが、参加者をジオラマの前に連れてきた。

 「私たち、日本一を目指してこういうの作ってるんだ。とっても楽しいよ」。初めて作品を見た小学生だけじゃなく、説明するヒナたちも目をキラキラと輝かせているのが、顧問の私としてはうれしいところ。

 清修の学校説明会は生徒が企画し、校舎案内もする。高2のタナたちもジオラマの前にやって来ては、「日本一を目指してる」と言っている。

 何年か前、説明会に参加して同じようにジオラマに感激していたこの子たちが、すっかりお姉さんになって小学生を引率している…。生徒たちの成長を感じて、目がむずむずする。

 成長といえば、今年はみんな、早くからコンテストに向けて動き始めている。いつもなら夏休みに入る頃からなのに、今年は高1が3月から準備し、触発された高2も作業し始めた。

自然の表現で勝負

 高1のスタートが早かったのは、去年の反省があったからだ。

 時間が足りず、家の窓が作れなかった。完全に納得できるまで仕上げられないままコンテストを迎え、2位に終わった。だから、「同じ思いはしたくない」と気合が入っている。

 今年の題材は、映画「 (くれない) の豚」から。元戦闘機乗りの主人公が隠れ家にしている無人島の砂浜と、主人公がよく通うイタリア・ミラノの運河を一つの土台に載せる。

 飛行機を飛ばしたり、水しぶきをあげたりして、躍動感のある作品になるはず。私も、今から完成が楽しみ。

 高2は、映画「君の名は。」に出てくるような山あいの神社や集落のある風景をジオラマにする。

 最優秀賞に輝くためには、リアルさが必須だけど、都会のビルや駅といった複雑な人工構造物は、一人で制作する男子にはかなわない。去年は群れになって泳ぐ魚が評価されたこともあって、自分たちは風に揺れる木々や水面みたいな自然の表現のほうが得意だ――と分析したようだ。

 長所がよく分かってる。私もそう思うよ。

絶対にはがす!

 毎年、最優秀賞を目指しているけど、今年はいつも以上に期待ができそう。そうだ、部員たちにあれを見せよう。

 校門のすぐ横に (かか) げられている横断幕の前に、部員たちを集めた。

 去年のコンテスト後に貼り出した横断幕には「祝 全国高等学校鉄道模型コンテスト 優秀賞 受賞」と書かれている。

 みんなが集まると、部長のタナに「これ、はがしてみて」と (うなが) した。

 実は、「優秀賞」の部分は、横断幕の上から貼り付けているだけ。タナがおずおずとはがしていくと、「最」という文字が現れた。

 コンテスト前に、最優秀賞になることを前提に横断幕を発注していた。だけど、結果は残念だったから、急いで「優秀賞」と貼り付けた。

 そのことを知った部員たちは、「次のコンテストで最優秀賞とって、『優秀賞』の布、絶対にはがそうね!!」と言い合っている。

 まずい、景色がかすんできた。うれし涙は、コンテストの結果発表まで取っておきたいのに。(了)(写真と文 藤井亮)

無断転載・複製を禁じます
2094453 0 部活の惑星 2021/06/02 11:00:00 2021/06/02 11:28:30 2021/06/02 11:28:30 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210601-OYT8I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)