<速報> コフィ・アナン元国連事務総長が死去…80歳
    文字サイズ

    特集

    読売中高生新聞の企画・連載をお届けします。
    アニメ

    アニメ道特別編(3)劇場版最新作「名探偵コナン ゼロの執行人」

    スケール感に度肝を抜かれる

     劇場版最新作「名探偵コナン ゼロの執行人」が13日から公開! 監督を務めたのは立川譲さん。ボクも選考委員を務めた文化庁の「アニメミライ」という若手育成企画をやったときに知り合った気鋭のクリエイターです。立川さんは今回の「コナンVS安室透」を光と影の構図ととらえ、照明の使い方がとても印象的です。

     圧巻はクライマックスシーン。今までにないスケール感で度肝を抜かれることでしょう。映画館で公開に先駆けて流される特報映像で、原作の青山剛昌先生も「コナン史上最もスペクタクルなラスト! 絶対に観てく零(れい)!!(笑)」というコメントを寄せてくれました。最後に「(笑)」を付けるのは毎回のお約束。照れ隠しと言うより奥ゆかしさが表れているのです。

     そして「CCQ」って知ってます? 「コナン シネマ クイズ」の略で、映画のたびに作られており、チラシなどに掲載されている博士のだじゃれクイズ。

     何を隠そう、あれを作っているのはボク。劇場版のテーマに合わせた言葉遊びのような感じで毎回、頭を悩ませながら候補作を幾つか作るのですが、シナリオ会議で恐る恐る見せて、最終的に青山先生らにチェックしてもらいます。笑いながら「面白いかもしれないね」と言ってくださった今回のCCQがこちら。

     「ひらがなの行の中で一番スケールが大きいのはどれ? 〈1〉あ行〈2〉か行〈3〉さ行〈4〉た行」。正解は最新作の中で明かされます。ボクの渾身(こんしん)の一作(笑)。こちらもお楽しみください!

    プロフィル
    諏訪 道彦( すわ・みちひこ
     読売テレビエグゼクティブ・プロデューサーで、「名探偵コナン」などを担当。1959年、愛知県生まれ。

    2018年04月13日 14時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP