アニメ道(12)「名探偵コナン 紅の修学旅行編」その2

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

映画1本分の労力

 「名探偵コナン」のプロデューサーをしている米倉功人です。この年末年始、コナンがまた熱くなっていますね。そのお話をします。

 まずは、5日に放送された1時間スペシャルの名探偵コナン「紅の修学旅行(鮮紅編)」。もちろん、見ていただけましたよね! 京都の各所を舞台に、天狗(てんぐ)が事件を起こしていくという本格ミステリー、ご満足いただけましたか……?

 この作品では、中高生新聞読者への「アフレコ体験」で選ばれた4人の中高生の声も使われています。それも、CM明けにドドーンと目立つ形で。みなさんすごく上手だったから、気付かなかったかもしれませんね(笑)。

 原作の青山剛昌先生の週刊少年サンデー連載1000回を記念したエピソードなので、僕らスタッフも、すごく力が入っています。青山先生には、アニメーションの原画にもご参加いただき、山本泰一郎監督は絵コンテ・演出を兼任。作品の隅々までハイクオリティーに仕上がっていますよ。映画1本分の労力がかかっているといっても過言ではありません! 全ては、楽しみにしているコナンファンのため。

 12日には新一と蘭の恋の行方に注目! 「恋紅編」の放送です。そして、あの怪盗から、劇場版に向けたメッセージが……。おっと、あとは放送をお楽しみに!

プロフィル
米倉 功人( よねくら・いさと
 読売テレビプロデューサー。大ヒットを記録した劇場版名探偵コナン「から (くれない) の恋歌(ラブレター)」、「ゼロの執行人」でもプロデューサー。1975年、兵庫県生まれ。

18138 0 アニメ道 2019/01/11 15:52:00 2019/01/25 15:01:24 2019/01/25 15:01:24

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ