読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「今、ちょうどこれを食べたい!セブンティーンアイス ラインナップの秘密に迫る!」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自動販売機で手軽に買えることで人気の「セブンティーンアイス」(江崎グリコ)。豊富な商品ラインアップ(17種類)から好みの味を選べるのも大きな魅力だが、実は自販機の設置場所ごとに、その品ぞろえは微妙に違っているのをご存じだろうか? そこからは、企業の奥深いマーケティング戦略が見えてくる。

 17種類の味を自由に選べるセブンティーンアイスの自販機。だが、実際には常に22~23種類の商品が用意され、その中から自販機の設置場所で売れそうな17種類を選んで入れている。

 ここで使われるのが「マーケティング」の手法だ。セブンティーンアイスの場合は、(1)自販機の設置場所(2)ターゲットとする顧客層(3)価格帯――の3要素を掛け合わせ、自販機に入れる味を決めている。

 たとえば、設置場所が「駅」なら「電車の待ち時間はどれぐらいか」といった情報も重要になる。待ち時間が長ければ、それだけ自販機に目を向けてもらえる可能性が高まるからだ。設置場所の近くに学校があれば、ターゲットは学生に絞り込める。オフィス街ならば、少し値の張る商品でも売れやすくなる。

 そうした要素を検討するため、自販機ごとに、よく利用する顧客の性別や年齢層、好きな味といったデータを分析したり、社員が自販機を巡回したりして、その場所の売れ筋商品をあぶり出していく。また、「その自販機は子どもがよく使う」といった情報がわかれば、ボタンを押しやすい低い位置に、子どもが好む商品を配置するなどの細やかな工夫も行っている。

ホームセンター

ワッフルコーンバニラ
ワッフルコーンバニラ

 中高年層の客が多いホームセンターやゴルフ用品の専門店などでは「バニラ」や「ショコラ」「抹茶」といった定番商品が圧倒的に支持されている。新しいものに目が行きがちな若者とは違い、中高年は安心して選べる、昔なじみの味を好む傾向があるようだ。

オフィス街

グレープシャーベット
グレープシャーベット

 オフィス街の社会人から支持が高いのは、「グレープシャーベット」などのシャーベット系。屋外では水分補給を意識する人も多く、甘さ控えめで、後味もすっきりしたところが受けているという。社外で食事をした帰りに、「口直し」として食べる人も多いそうだ。

動物園

 動物園や遊園地は、男女を問わず幅広い年齢層が楽しめる場所。「チーズケーキ」「ワッフルコーンショコラ」など、行楽気分が高まるスイーツ系の商品の人気が根強い。一方、子ども向けのレジャースポットでは「ソーダフロート」がよく売れる傾向があるという。

ブルーベリーのチーズケーキ
ブルーベリーのチーズケーキ
ソーダフロート
ソーダフロート

学校

 近年では、中学や高校でもアイス自販機の設置を認めるところが増えている。「ティラミス」や「生キャラメルリボン」など、女性や若者をターゲットにしたスイーツ系の味が不動の人気。意外にも「抹茶」の支持も根強く、常にトップ5に食い込んでくるという。

ティラミス
ティラミス
濃い抹茶
濃い抹茶

スイミングスクール

チョコチップ
チョコチップ

 スイミングスクールに設置する自販機では、チョコチップとクッキーがバニラアイスに入った「チョコチップ」が一番人気。水泳は全身を使う有酸素運動で、かなりの体力を消耗する。その分、泳ぎ終わった後には甘くてカロリーの高い商品を求めたくなるようだ。

 電車で通勤・通学する社会人や学生が主な購買層。売れ筋は「クッキー&クリーム」や「濃厚いちご」「ガトーショコラ」など、甘くてこってりした味の商品。勉強や仕事を頑張った自分への“ご褒美”なのか、少し高めの値段の商品が好まれる傾向があるという。

ガトーショコラ
ガトーショコラ
クッキー&クリーム
クッキー&クリーム

観光地

チョコミント
チョコミント

 観光地を訪れる外国人には、日本らしさが感じられる「抹茶」のほか、アジア系の人を中心に「チョコミント」やシャーベット系などカラフルな色合いの商品も人気だ。アイスの自販機そのものが珍しいらしく、記念に写真を撮っていく人も多いという。

 

 セブンティーンアイスとは?
 セブンティーンアイスは、1983年、「17歳の女性」をターゲットに「オシャレ」「豊富なバラエティー(17種類)」「高品質」をコンセプトに発売された。当初はスーパーなどのショーケースで売る形式だったが、85年から自販機での販売を始めると、幅広い年齢層に受け入れられ、大ヒット商品となった。ちなみに、自販機第1号の設置場所は、当時人気だったボウリング場。今では他のレジャー施設や駅、学校などにも広がり、全国で約2万台が設置されている。

※画像は江崎グリコ提供

無断転載・複製を禁じます
1392377 0 スペシャル 2020/08/07 05:20:00 2020/09/11 12:10:33 2020/09/11 12:10:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200806-OYT8I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)