お菓子人気 国境越えて

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

◆ポッキー(江崎グリコ)

 「ポッキー」(江崎グリコ)は、ヨーロッパでは「ミカド」の商品名で販売されている。日本をイメージした現地の人気ゲーム「MIKADO」にちなんだものだ。高温多湿の東南アジアでは、チョコを溶けにくい成分に変えるなど、販売する場所の気候に合わせた工夫も凝らす。江崎グリコの玉井博久さんは「商品を受け入れてもらうには、各地域の顧客を理解することが大事」と力を込めた。

ポッキー(インドネシア)
ポッキー(インドネシア)
ミカド(フランス)
ミカド(フランス)

◆フーセンガム(丸川製菓)

 国内でもロングセラーとして知られる「フーセンガム」(丸川製菓)はアラブ首長国連邦(UAE)やサウジアラビアなどの中東地域で人気。中東では、「わかりやすく甘い味」が好まれるといい、一番人気はストロベリー味。営業部の小島三保さんは「イスラムの戒律で酒を飲まない分、甘いものが好まれるようだ。今後はイスラム教徒が多い中央アジアにも販路を広げたい」と話している。

フーセンガム(アラブ首長国連邦)
フーセンガム(アラブ首長国連邦)
フーセンガム(ロシア)
フーセンガム(ロシア)

◆ハイチュウ(森永製菓)

 「ハイチュウ」(森永製菓)のアメリカでのヒットには、メジャーリーグが一役買っている。ボストン・レッドソックスに所属していた田沢純一選手がチームメートに分けてあげたところ、大好評で、ほしがる仲間が続出。それが話題になり、人気に火がついたという。海外事業本部の大野宏明さんは「ガムとは違い、最後まで味が残り続ける特徴が受けたのではないか」と話している。

ハイチュウ(アメリカ)
ハイチュウ(アメリカ)
ハイチュウ(アメリカ)
ハイチュウ(アメリカ)

◆亀田の柿の種(亀田製菓)

 「亀田の柿の種」(亀田製菓)は、インドで地元産のもち米を使った現地生産の柿の種「カリカリ」を展開している。味は「スパイス・マニア」「ソルト&ペッパー」など4種類。インド人の好みに合わせて日本より辛め、濃いめの味に、あられは大きく、硬く仕上げている。広報担当の池ノ上雄樹さんは「インドには米食文化があり、米菓にも親しみを感じてもらえている」と語る。

カリカリ(インド)
カリカリ(インド)
亀田の柿の種(中国)
亀田の柿の種(中国)

◆ブラックサンダー(有楽製菓)

 「ブラックサンダー」「ビッグサンダー」(有楽製菓)は、独特の食感が台湾で大ヒットしたことを機に、東南アジアを中心に積極的に進出している。

 インドネシアでは現地工場を建設。イスラム教徒向けに「ハラル認証」も取得し、海外業績は4年間で1.6倍に伸びた。海外事業部の杉山昌駿さんは「海外には珍しいさっぱりした甘みやザクザク食感が喜ばれている」と話す。

ブラックサンダー(インドネシア)
ブラックサンダー(インドネシア)
ブラックサンダー(アラブ首長国連邦)
ブラックサンダー(アラブ首長国連邦)

◆カラムーチョ(湖池屋)

 「カラムーチョ」(湖池屋)は、きめ細かな味の調整で海外に市場を広げている。台湾ではガーリック風味を強め、ベトナムでは塩味を控えめに――といった具合だ。こうした努力のおかげで、海外での売り上げは10年前から約6.5倍に伸びたという。海外事業部の小山和裕さんは「『辛くておいしい』という魅力は残しつつ、どの地域でも受け入れてもらえるよう工夫しています」と語る。

カラムーチョ(タイ)
カラムーチョ(タイ)
カラムーチョ(ベトナム)
カラムーチョ(ベトナム)

◆ライター兼お菓子愛好家 三田村蕗子さん

 少子化で国内の市場が縮小する中、日本のお菓子メーカーは海外に活路を見いだそうと懸命だ。どうしたら現地で受けるかを徹底的に研究し、成功している例も数多くある。

 たとえば、カルビーはフレンチフライにケチャップを付けるのが定番のタイで、ケチャップの小袋を添えたポテトスナックを発売して大ヒット。江崎グリコはインドネシアで、10代の主な遊び場となっているショッピングモールに「ポッキーを持って行こう」と呼びかけるイベントをSNSと連動して展開し、若者の心をつかんだ。

 味の面でも柔軟に「現地化」を進め、幅広い国々で受け入れられている。模倣商品が出回るなど、海外ならではの悩みもあるが、日本のお菓子は世界で確実に存在感を増している。

無断転載禁止
1257277 0 日本のお菓子応援団 2020/06/03 15:00:00 2020/06/18 15:07:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200529-OYT8I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ