日本とサウジ、eスポーツの国際親善試合の開催を決定~2019年1月

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

調印を済ませ笑顔を見せるファイサル王子(左)と岡村会長(16日、東京都港区で)
調印を済ませ笑顔を見せるファイサル王子(左)と岡村会長(16日、東京都港区で)

 日本とサウジアラビアでeスポーツの国際親善試合を開催するため、日本eスポーツ連合(JeSU)は16日、サウジアラビアeスポーツ連盟との調印式を電通ホール(東京都港区)で行った。

 試合は2019年1月18、19日にサウジで、26、27日に日本で行われる。種目は「ウイニングイレブン2019」(サッカーゲーム)、「鉄拳7」(格闘ゲーム)、「ストリートファイター5アーケードエディション」(格闘ゲーム)の3タイトルで、他のタイトルの採用も検討している。賞金総額は3000万円で、日本代表の選考方法は後日発表する予定だ。

 親善試合はサウジが日本に提案した。石油資源を軸とした経済からの脱却を目指すサウジは昨年3月、日本との協力文書「日・サウジ・ビジョン2030」を発表。インフラや娯楽産業など9分野でさまざまな協力を行う方針を打ち立てており、eスポーツの親善試合はその一環として行われる。

 調印式にはJeSUの岡村秀樹会長と、サウジアラビアeスポーツ連盟会長のファイサル・ビン・バンダル・アール・サウード王子が出席。ファイサル王子は「両国のeスポーツ文化を向上させるための第一歩であり、eスポーツで国同士が協力できることを、世界中に示す大会にしたい」と喜びを語った。

 サウジでもeスポーツは盛んで、ファイサル王子によると、今回採用される3タイトルの人気も同国内で高いという。岡村会長は「サウジアラビアは中東諸国にeスポーツを根付かせようと努力している。ゆくゆくは、アジアや中東の国々が参加する大規模な大会を開きたい」と意気込んでいる。

無断転載禁止
37008 0 トピックス 2018/08/16 18:30:00 2018/08/16 18:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180816-OYT8I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ