「東の聖地」ワールドカップ仕様に~熊谷ラグビー場

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

改修工事が終わった「熊谷ラグビー場」。ピッチそのものをかさ上げした効果もあり、臨場感あふれる試合を楽しめそう
改修工事が終わった「熊谷ラグビー場」。ピッチそのものをかさ上げした効果もあり、臨場感あふれる試合を楽しめそう

 埼玉県熊谷市の熊谷ラグビー場は、春の全国高校選抜大会が開かれるようになった2000年以降、「西の花園」(大阪府)に対し、「東の熊谷」と並び称されてきた。来年のラグビー・ワールドカップでは、グループリーグ3試合が行われる。開幕を1年後に控え、このほど124億円をかけた改修工事が終了し、報道機関に内部が公開された。

 報道陣の集合場所はメインスタンド南側の大階段。埼玉県の担当者の後に続いて、2階コンコースを抜けると、青々としたピッチが目に飛び込んできた。

 ピッチが大きく見える。ラグビー専用の競技場ということもあるだろうが、改修により最短でも14メートルあったメインスタンドからピッチまでの距離が9メートルに縮まったことが大きい。

 改修のコンセプトは、“臨場感あふれるスタジアム”。夜間照明やVIPルームを整備してワールドカップ仕様にするだけでなく、大会後もレガシーとして長く愛用される施設を目指したという。


動画を視聴するにはiframeタグに対応したブラウザをご利用ください

コンセプトは、臨場感あるスタジアム

芝はクッション性や復元力が高い品種を使用。左後方は約175平方メートルの大型映像装置
芝はクッション性や復元力が高い品種を使用。左後方は約175平方メートルの大型映像装置

 収容人数は、改修前と同じ約2万4000席。以前は半分以上が芝生席だったが、改修ですべて固定席になった。

 メインスタンドからバックスタンドまで半周してみたが、どの席に座ってもピッチを隅々まで見渡せるのが印象的。壁や支柱などで死角ができる「見切り席」がほとんどない。

 メインスタンドは上に行くほど傾斜が強くなり、最大で35.5度にもなるという。そのおかげで、後ろの席でもピッチとの距離感をあまり感じない。むしろ、ピッチ全体を見渡すことができ、音響効果も増して試合の臨場感を高める効果がありそうだ。

一般スタンド席
一般スタンド席
ひじ掛けの付いたVIP席
ひじ掛けの付いたVIP席

広々としたVIPラウンジ

ケータリングサービスなどが受けられるVIPラウンジ
ケータリングサービスなどが受けられるVIPラウンジ

 2階のVIP席は、一般スタンド席にはない、ひじ掛けが付いている。席と席の間も広めに取っているが、それほどVIP感は感じない。だが、席を立ってスタンドの奥に進んでいくと、広々としたVIPラウンジ(3階)に入ることができる。一般スタンド席とは区切られたスペースで、ゆったり気分でケータリングサービスを楽しむのも一興だろう。

 このほか、3階には「ビューボックス」と呼ばれる、グループで観戦できる個室観覧席(10席)を8室設置。4階には、コーチボックスやTV審判室が入る。

 続いて案内された1階は、選手控室やアップ練習室など、試合前後に選手が過ごすエリアだ。ロッカールームの一角には、クールダウン用のアイスバスも設置された。選手控室を出て、ピッチに通じるメインエントランスをくぐった時は、本番でスタンドの大歓声がどう聞こえるのだろうと想像をかき立てられた。

アイスバスが併設されたシャワールーム
アイスバスが併設されたシャワールーム
かつてのメインスタンドはバックスタンドに改修された
かつてのメインスタンドはバックスタンドに改修された

 最後にバックスタンド内部を見学した。1階エントランスに入り、ハッとした。壁一面に、第1回(2000年)以降の選抜大会歴代優勝校のジャージーが額縁に収められ飾られていたのだ。

 バックスタンドは改修前のメインスタンドだった施設で、ジャージーはその頃からここに飾られていたという。栄冠を目指してここに集結した全国の高校生たち――。高校ラグビーの「東の聖地」に触れた瞬間だった。(笠井智大)

バックスタンドのエントランスに飾られた歴代優勝校のジャージー
バックスタンドのエントランスに飾られた歴代優勝校のジャージー

【ワールドカップ日程】
 2019年のワールドカップでは、熊谷ラグビー場でグループステージ3試合が行われる。
・9月24日(火)19:15 ロシア対サモア
・9月29日(日)14:15 ジョージア対ウルグアイ
・10月9日(水)13:45 アルゼンチン対アメリカ

【施設概要】
 所在地:埼玉県熊谷市上川上300(熊谷スポーツ文化公園内)。構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)4階建て。延べ床面積:約2万8000平方メートル。新スタンド(メインスタンド):約1万7000平方メートル。既存スタンド:約1万1000平方メートル。座席数:約2万4000席。

【関連記事】
被災地の「希望」背負って~釜石鵜住居復興スタジアム
「鉄と魚とラグビーの街」釜石の名所を歩く
高橋克典さん、中川家がラグビー談議~新宿ラグビーまつり

無断転載禁止
39875 0 トピックス 2018/09/05 12:00:00 2018/09/05 12:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180904-OYT8I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ