ラグビーワールドカップあと1年 桜井翔さんらキックオフ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

桜井翔さん(前列中央)と舘ひろしさん(同右)ら出席者
桜井翔さん(前列中央)と舘ひろしさん(同右)ら出席者
イベントを機にツイッターを始めることを明らかにした舘ひろしさん
イベントを機にツイッターを始めることを明らかにした舘ひろしさん

 ラグビーワールドカップ日本大会の開幕まであと1年となるのを記念して、「1YEAR TO GO KICK―OFF EVENT~1年前記念イベント~」が20日、東京都内で開かれた。

 ラグビーワールドカップ2019組織委員会の御手洗冨士夫会長(経団連名誉会長)は「ラグビー伝統国を離れて、アジア初の開催となる。2020年東京オリンピックにつながる大成功を期したい」と、あいさつした。

 芸能界からは、俳優の舘ひろしさんが大会PRキャプテンとして参加。アイドルグループ「嵐」の桜井翔さんや日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ、元日本代表の大畑大介さんと、ラグビー談議に花を咲かせた。

 舘さんは高校時代にラグビー部主将を務めた経験があり、「高校時代に培った友情や人生哲学は今でも自分の人生に影響を与えている。ラグビーの素晴らしい魅力を一人でも多くの人に伝えたい」と語った。

 桜井さんも小学生時代にスクラムハーフとして活躍した経験を持つ。当時は小柄だったため、「試合が怖くて、怖くて。正直、試合ではタックルするフリをしていたかな」と笑顔で振り返った。

 舘さんはこのイベントを機にツイッターを始めることを明らかに。@Tachi_RWC2019のアカウントで、ラグビーについてつぶやいていくという。

 大会は来年9月20日開幕。国内12か所の競技場で11月2日まで計48試合を行う。(笠井智大)

無断転載禁止
41527 0 トピックス 2018/09/20 17:00:00 2018/09/20 17:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180920-OYT8I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ