読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

京都・仁和寺 観音堂の特別公開始まる~360度カメラとドローン、写真で見る世界遺産

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 真言宗御室派(おむろは)総本山・仁和寺(京都市)で5月15日、重要文化財「観音堂」の修理完了を祝う落慶法要と、観音堂の特別公開が始まった。観音堂は17世紀に再建されて以来、本格的な修理はこれが初めて。しかも、通常は僧侶の修行等に使われているため非公開となっている。特別公開を前に、普段はめったに見られない観音堂の内部を360度カメラで撮影した。

内部を見る


(360度カメラ画像の操作方法は こちら

 堂内には、本尊・千手観音菩薩像、不動明王立像など33体の仏像が安置され、回りの板壁や柱は極彩色の壁画で彩られている(ページ下部に写真特集)。

 その壁画には、千手観音菩薩のほか、観音菩薩が救うべき対象に合わせて姿を変えた三十三身、亡者が苦しめられる地獄道や餓鬼道といった観音が救うとされる6つの世界などが描かれている。

 観音堂は延長6年(928年)に創建され、度重なる焼失に見舞われたが、1640年代に再建された。再建以来、屋根の葺き替え工事など部分的な修理は行われたが、本格的な修理は今回が初めて。今回は建物の骨組みを解体し、建物をジャッキアップして礎石の沈下を直すなど、2012年12月から昨年11月にかけて修繕した。

 仁和寺は、修理完了を祝う落慶法要を5月15~21日までの7日間開催している。落慶に合わせた特別公開が5月15日~7月15日と9月7日~11月24日の2回に分けて行われる。

 観音堂の拝観料は1000円(高校生以下無料)で、参拝者はお守りなどの記念品がもらえる。

外部を見る

御室桜はドローン空撮も

 仁和寺は遅咲きの「御室桜」でも知られている。4月中旬には、境内の各所を薄いピンクの花が彩り、参拝客らの目を楽しませていた。その見事な咲きっぷりを、ドローンを使って空からも撮影した。

修復なった極彩色の壁画~写真特集

360度画像の見方
 パソコンで閲覧する場合は、画面上にカーソルを置いてドラッグすると上下左右に視点が移動します。画面に表示される矢印や案内図の丸印、縮小写真をクリックすると別の地点の画面に切り替わります。縮小写真は左下の四角3つのマークをクリックすると出現します。
 スマートフォンで閲覧する場合は、指でマウス同様の操作ができます。また、右下にある眼鏡のマークをタップしてVRモードにした後、画面中央の十字印を案内の矢印に合わせても画面が切り替わります。スマートフォン本体の設定で画像回転を「あり」に設定してVRモードにすると、2分割画面になり、市販のVRゴーグルで閲覧できます。
 (2019年4月12日、東京本社配信部・漆間晃撮影。画像は一部加工してあります)

無断転載・複製を禁じます
584027 0 トピックス 2019/05/15 16:30:00 2020/11/06 11:44:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)