DAZNはテレビを倒すのか?サッカー日本代表戦中継に激震

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

フル出場したチリ戦で、得意のドリブル突破を図る日本の久保(中央)
フル出場したチリ戦で、得意のドリブル突破を図る日本の久保(中央)

 キックオフ時刻になってから、テレビで生中継されないと気づき、驚いた人も多かったはずだ。サッカーの男子日本代表が出場した南米選手権ブラジル大会、チリとの初戦。日本時間の18日午前8時(現地時間17日午後8時)から約2時間行われた試合の日本での生中継は、スポーツ専門のインターネット動画配信「DAZN(ダゾーン)」が独占的に実施した。サッカーの日本代表戦中継にも今、担い手の交代が起こりつつあるのだろうか。

9年半ぶり、テレビなし

 ダゾーンは、国内外で年間1万試合以上のスポーツ動画を配信している。月額1750円(税別)の有料サービスだ。Jリーグや人気のある欧州のリーグ戦を提供するなど、サッカーはダゾーンが特に力を入れている競技で、熱心なファンにはかなり浸透してきたものの、日本代表の試合をネット配信するのは今回の南米選手権が初めてだ。

 日本サッカー協会によると、男子フル代表戦の生中継がテレビの地上波でもBSでも行われなかったのは、2010年1月にイエメンとアウェーで顔を合わせたアジア杯予選以来、約9年半ぶり。予選突破をほぼ確実にして臨んだ格下との一戦とあって、当時の岡田武史監督は主力を休ませ、若手主体のメンバーを組んだ。遠征先の政情不安なども影を落として、テレビ放送が実現しなかった。

 だが現在の日本代表は、イエメン戦当時のチームより、人気も注目度もずっと高い。TBSが生中継したエルサルバドル戦(6月9日午後6時半~9時)は、W杯やアジア杯といったタイトルのかかった大会ではない国際親善試合の位置づけながら、平均視聴率が13・8%に達した。南米選手権のメンバーに、森保一監督は、2020年東京オリンピック世代となる20歳代前半のホープをそろえて乗り込んでいる。特に強豪レアル・マドリードへの移籍で話題の18歳、久保建英には日本代表の最年少得点記録を更新するのではという期待もかかる。初戦こそ南米選手権3連覇を狙うチリに0―4で粉砕されたが、それは相手のレベルが高くて見応えある大会だということの裏返しでもある。

チリ戦で先制を許し、肩を落とす日本イレブン
チリ戦で先制を許し、肩を落とす日本イレブン

海外開催の時差に強いネット動画配信

 そんな「ドル箱番組」の価値がありそうな日本戦の放送権を、テレビ各局は、なぜ獲得できなかったのか。

 「生中継が朝の通勤時間帯などに重なってしまう場合、高視聴率を見込めないテレビ局は放送権料に高額を支払えない。これに対して放送時間帯を問わないダゾーンは、英国の巨大スポーツメディアグループの一角で資金力も豊富だから、放送権料を弾める」と解説するのは、日本のスポーツビジネスを先導してきた高橋治之・元電通専務だ。「時差のある海外開催の試合中継は、ダゾーンのようなネット動画配信サービスと相性がいい。視聴者は、出勤などで移動中の電車内でスマホ視聴したり、都合のいい時にゆっくり見られる『オンデマンド方式』で楽しんだりできるから」とも指摘する。

 これはサッカーに限ったことではなく、たとえばボクシングの村田諒太選手が昨年、米国で戦った世界タイトルマッチ生中継も、時間帯が日曜の昼頃となった影響でテレビではなくダゾーンが放送権を得ている。

 日本サッカー協会には18日、「南米選手権は放送しないのか」「どうしたら試合の動画を見られるだろうか」「試合結果を教えてほしい」といった、テレビになじんだファンからの問い合わせ電話が、数十件かかってきたという。こうした声の主たちが、次戦以降を見るために次々と入会するようなら、ダゾーンの浸透度と存在感は、南米選手権で一気に増すかもわからない。

 南米選手権で日本代表は今後、日本時間で21日にウルグアイと、25日にエクアドルと顔を合わせる。いずれも試合開始は午前8時と予定されている。

《あわせて読みたい》

・DAZNはボクシング中継の「黒船」か

無断転載禁止
646292 0 トピックス 2019/06/19 14:59:00 2019/06/19 15:56:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190619-OYT8I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ