子どもはいつもたくましい~「おうちde575」第4回

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛期間を少しでも前向きな気持ちで乗り切ろうとスタートした「おうちde575」には、子どもを題材にした作品もたくさん寄せられています。今回はそんな作品の中から、クスッと笑えて、ほっこりするものを集めてみました。

 まずはこちら。

◆ウェブ授業 部屋借りにくる 我が娘

(千葉県・50代女性 Naoはるいちご)

 何で部屋を借りにくるかと思ったら、「娘の部屋は散らかっている」からなのだそう。テレワークでも、みなさん最初に苦労したのは、ウェブ会議に使う部屋や場所探しではないでしょうか。ちなみに、部屋がめちゃくちゃ汚い担当記者は必死に考えたあげく、背景を自宅風のものに変え、会議中は微動だにしないという結論に達しました。

 背景の変え方が分からない方は、「バーチャル背景」で検索!

 では、続いての投稿。

◆すごもりで ゲームしたさに おてつだい

(大阪府・50代男性 こうじょうちょう)

 親としては、「ゲームは1日30分まで!」ぐらいに言いたいところですが、けなげにお手伝いを頑張る子どもたちの姿を見ると、ついつい、「まぁ、しょうがないか」となっちゃいますよね。こうじょうちょうさんは、こんなほっこりするコメントも寄せてくれました。

 「普段限られた時間での接点しかない三姉妹が休校中に一緒に遊ぶ時間が増え、おまけに母親の手伝いをするようになりました。とにかく早く終息してほしいコロナ感染問題、少しだけでも良かった事は何かを考え、作ってみました」

 みんなが家にいれば、当然、家事は増えるもの。これを機にみんなで料理をするとか、楽しみながら、家事のワークシェアリングができると最高ですね。

 では、最後の作品。

◆久しぶり! 遠隔授業 再会だ

(大阪府・40代女性 サンシャイン)

 友達と笑顔で会話を交わすお子さんの顔が浮かんできそうです。サンシャインさんは「小学校でZOOMなどを使って授業が始まり、久しぶりにお友達と会えて楽しくお喋りしていました」とコメントを寄せてくれました。

 友達と楽しそうに話している子どもを見ると、早く学校に行かせてあげたいなと思うのが親心。ちなみにあるママさん女性記者は、オンラインで飛び交う小学生同士のおませな会話に愕然としたのだそうで…。

 作品を採用された方には、もれなく500よみぽをプレゼントします。応募はこちらから。

 楽しい作品、お待ちしています!

「おうちde575」一覧はこちら

無断転載禁止
1182132 0 トピックス 2020/04/23 10:31:46 2020/04/30 20:24:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/お手伝いの男の子-e1587712496357.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ