自粛で大掃除。発見した意外なモノ~「おうちde575」第9回

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「我慢の春を少しでも前向きに」を合言葉にお届けしている「おうちde575」。5月に入ってもたくさんの投稿をいただいています。長引く自粛に心身ともに疲れが出てくる頃ではありますが、思わずクスリと笑える575で気分転換、いかがでしょう?

 最初に紹介するのはこちらの作品。

◆久しぶり メイクの手順 忘れてた

 (兵庫県・30代女性 ぽまこ)

 これ、女性の自粛生活”あるある”かもしれません。

 3月下旬からお子さん2人と家で過ごしているというぽまこさん。「人に会わない日が多く、買い物に出掛けてもマスク姿なのでほとんど化粧をしなくなりました。気分転換に数週間ぶりにメイクをしてみたところ、体が覚えていた手順を忘れていました」とのこと。

 新型コロナウイルスの影響で、化粧品、特に口紅の売り上げが減っているというニュースも耳にします。そう言えば、うちの会社でもウェブ会議でビデオをオフにしている女性が多いのですが、メイクはどうしているのか、少し気になってきました。

 ちなみに担当記者(男性)も自宅から参加する社内のウェブ会議は基本、ビデオをオフにしています。寝癖がひどいので。。。

 続いては、胸がキュンと来る作品を。

◆好きな人 毎日逢える テレワーク

(山口県・30代女性 sasa)

 普段、仕事が忙しい夫(または恋人)と自宅で過ごす時間が増えたということなのかな、と思ったのですが、さにあらず。

 「いつも仕事で離ればなれなのですが、お互いにステイホームなので、ネットで毎日逢えて嬉しい」のだそう。

 通勤時間が減り、プライベートで使える時間が増えるテレワーク。担当記者は現在、単身赴任なのですが、離れて暮らす家族と電話で話す機会は格段に増えた気がします。

 最後も恋にまつわる575です。

◆片付けを してて赤面 ラブレター

(神奈川・70代男性 サムクルーズ)

 これもステキな作品です。外出自粛を機に、夫婦2人で家の片付けを始めたというサムクルーズさん。「昔の手紙が出てきて、懐かしいやら恥ずかしいやら…」と書いてくれました。どんな手紙だったのでしょう。いろいろ想像してしまいます。

 そして、サムクルーズというペンネーム。個人的にはツボにはまりました(笑)

 作品を採用された方にはよみぽ500ポイントをプレゼントします。

 作品応募はこちらから。ほっこり笑顔になれる575、お待ちしています!

「おうちde575」一覧はこちら

無断転載禁止
1212670 0 トピックス 2020/05/11 10:44:14 2020/05/12 16:02:28 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/rf127331956_l-e1589248523881.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ