早わかり! 自民党総裁選2020

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 体調不良で辞任表明した安倍晋三首相=自民党総裁の後継を決める選挙が9月14日に行われ、菅義偉官房長官(71)が第26代総裁に選ばれました。詳しい選挙結果と候補者の来歴、総裁選の仕組みなどを紹介します。(※ページ内のリンクは一定期間が過ぎると切れることがあります)

  候補者  
  日程  
  仕組み  
  構図  
 出馬会見… 石破氏   菅氏   岸田氏  
  Q&A  

ニュース

自民党新総裁に選出された菅官房長官(14日、東京都港区のホテルで)=小林武仁撮影
自民党新総裁に選出された菅官房長官(14日、東京都港区のホテルで)=小林武仁撮影

 最新情報は…まとめ読み「安倍首相退陣」
 スライドショー「自民党総裁選2020」

自民新総裁に菅義偉氏、無派閥として事実上初…16日に首相指名へ

自民党新総裁に菅義偉氏…2位岸田氏、3位石破氏に圧勝

菅氏、橋下徹氏の閣僚起用は「200%ない」…橋下氏は「2万%ない」

森元首相「安倍さんの本当の気持ちは岸田氏」

安倍路線「継承」菅氏に「修正」の岸田氏、「転換」の石破氏…独自色アピールに腐心

開票結果…菅氏が377票獲得 得票率7割

 菅氏は国会議員票と地方票の合計534票のうち、約7割にあたる377票を獲得し、岸田文雄政調会長と石破茂・元幹事長に圧勝した。

 東京都内のホテルで開かれた党両院議員総会で、所属国会議員(393票)と47都道府県連代表(各3票)が投票した。岸田氏は89票、石破氏は68票だった。

 今回の総裁選は、「緊急時」を理由に全国一斉の党員投票が見送られた。国会議員票(393票)の内訳は、菅氏288票、岸田氏79票、石破氏26票だった。山本公一・元環境相(衆院愛媛4区)は入院療養中のため棄権した。

 47都道府県連代表に各3票を割り当てた地方票(141票)は菅氏89票、岸田氏10票、石破氏42票で、菅氏が国会議員票と地方票のいずれでも過半数を得た。

菅氏、地方でも圧勝…石破氏人気に陰り・岸田氏は知名度不足

候補者の来歴・座右の銘・プロフィル・語録

石破茂氏(63)

鉄道マニア 地方に精通
 筋金入りの「軍事オタク」で、防衛相などを務めた経歴から「国防族」のイメージが強かったが、安倍内閣で初代地方創生相を務めたことで、「地方創生」も得意分野として知られるようになった。……(続きを読む

菅義偉氏(71)

苦労人の「令和おじさん」
 官房長官として安倍首相を支え続けてきた。総裁への意欲を一度も公言しないまま安倍政権の継承を掲げて出馬を表明し、本命に躍り出た。……(続きを読む

岸田文雄氏(63)

「勝つまで戦う」酒豪
 名門派閥「宏池会」領袖として、初めて総裁選に臨む。かねてポスト安倍の最有力と言われてきたが、安倍首相の突然の辞任で流れは変わった。他派閥の支持が広がらない中、「私の全てをかけて戦いに臨む」と闘志を燃やす。……(続きを読む

ツイッターボード

 

公開討論会(9月12日)

菅氏、コロナ経済対策「次の手打っていく」
詳報版は、こちら

共同記者会見(9月8日)

菅氏「改革意欲のある人優先」「早期解散はコロナが大きく影響」…3氏が共同会見
自民総裁選3候補 共同記者会見要旨

日程

 9月8日 告示(午前10時)、所見発表演説会(午後1時)、共同記者会見(午後3時)
   9日 党青年局・女性局主催公開討論会(午後1時)
  12日 日本記者クラブ主催公開討論会
  14日 投開票 両院議員総会(午後2時)で新総裁選出
  15日 新執行部立ち上げ
  16日 臨時国会召集、首相指名選挙を経て新内閣発足
  18日 臨時国会閉会

総裁選の仕組み

総裁選 今回の仕組みは?…46都道府県連で予備選(9月9日)
ドント式「地方票分散」…総取りは8都道県(9月8日)
党員投票は実施せず…33都府県連は予備選の方針(9月2日)

47都道府県連の対応(※北海道は「意向調査」、新潟は「アンケート調査」として実施。新潟は調査結果を基に県連幹部が票の配分を決定。読売新聞社調べ
47都道府県連の対応(※北海道は「意向調査」、新潟は「アンケート調査」として実施。新潟は調査結果を基に県連幹部が票の配分を決定。読売新聞社調べ

出馬会見(要旨)

石破茂 元幹事長

 【政治姿勢】次の時代のために何をしていくかを明確にすべきだ。国民を信じない政治が、国民から信頼されるはずがない。真っ正面から諸課題を訴え、国民の納得と共感のもとに政策を実行する。国民を信じ、誠実に率直に語れば、国民は必ず応えてくれる。総力を挙げて積極果敢に取り組みたい。

<<石破氏の個人サイトは、こちら>>(別サイトにジャンプします)

 【党員投票】党員に投票する資格が与えられないのは極めて残念だ。我が党は国民のものであって、国会議員だけのものではない。

 【新型コロナウイルス対策】PCR検査の拡大が必要だ。経済活動の制限で暮らしが苦しい人も大勢おり、経済対策と感染拡大防止の両立を図っていく。感染収束に必要であれば、新型コロナ対策の特別措置法は改正するべきだ。

 【憲法改正】2012年にまとめた憲法改正草案が自民党唯一の案だ。(2018年3月にまとめた)4項目の党改憲案は総務会などで正式に決定したという認識を持っていない。

 【経済政策】地域分散型の内需主導の経済に転換する政策を進める。アベノミクスで株価はあがり、企業の業績も好調だが、伸び悩む個人の所得を上げていくことが必要だ。

 【消費税】景気の変動に影響されにくい安定財源として、必要性は高く認める。低所得者に逆進性の影響が及ばないようにするやり方がないか、検証する。

 【地方創生】国任せの行政から地域任せの行政に変える。権限や財源を地方に渡して、主権者の意識を高める。

菅義偉 官房長官

 【安倍政権継承】第2次安倍内閣の発足以来、官房長官として首相の下で日本経済の再生、外交安全保障の再構築などの重要課題に取り組んできた。今年に入ってからは新型コロナウイルス感染症の拡大という、かつてない事態に直面する中、感染拡大と医療崩壊を防ぎ、同時に社会経済活動を再開するという課題に真っ正面から取り組んできた。政治の空白は許されない。一刻の猶予もない。安倍首相が全身全霊を傾けて進めてきた取り組みをしっかり継承し、さらに前に進めるために、私の持てる力をすべて尽くす覚悟だ。

<<菅氏の個人サイトは、こちら>>(別サイトにジャンプします)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止と社会経済活動の両立を図り、雇用を守り、経済の回復につなげていかなければならない。目の前にある危機を乗り越えることに全力を挙げつつ、少子高齢化問題、戦後外交の総決算、憲法改正にも引き続き挑戦していきたい。

 【政治姿勢】世の中には数多くの「当たり前でないこと」が残っている。ダムの水量調整では行政の縦割りを打ち破った。一昨年、携帯電話料金は4割程度引き下げる余地があると表明した。事業者間で競争が働く仕組みをさらに検討していきたい。現場の声に耳を傾け、何が当たり前なのかを見極めて判断し、大胆に実行する。

 国の基本は自助、共助、公助だ。まず自分でやってみて、地域や自治体が助け合う。その上で政府が責任を持って対応する。このような国のあり方を目指すには、国民から信頼をされる政府でなければならない。

 【経済・金融政策】アベノミクスを責任を持って引き継ぎ、前に進めたい。雇用を守り、企業を存続させるため、必要であれば金融政策をさらに進めたい。地方の銀行は数が多すぎる。

 【外交・拉致問題】日米同盟を基軸としながら、近隣諸国との関係を作っていく。今の日本の立ち位置は変えるべきでない。ロシアとの平和条約問題は、次の世代に先送りせず、終止符を打つ決意で首相は取り組んできた。この方針は変わらない。拉致問題はありとあらゆるものを駆使して解決するべきだ。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とも条件を付けずに会い、活路を切り開きたい。

 【沖縄基地負担】沖縄基地負担軽減の担当相として、米海兵隊の基地である北部訓練場の一部返還などを実現させた。名護市辺野古に米軍普天間飛行場を移設することで、普天間飛行場の危険除去を実現できる。

 【地方創生】秋田の農家で育った私の中には、地方を大切にしたい気持ちが脈々と流れている。総務相に就任し、「ふるさと納税」を成立させた。外国人観光客の誘致、農産品の輸出促進の取り組みも、地方経済を元気にしたいという思いからだ。都会と地方の両方とも良くするという思いで国の政治を前に進めたい。

 【派閥政治】私自身は派閥に所属していない。派閥にはいい所も悪い所もあるが、私は派閥連合に推されて今ここにいるわけではない。自らの判断で出馬を決意し、派閥に所属していない人たちのエネルギーが押し上げてくれている。

岸田文雄 政調会長

 【政治姿勢】国民のため、国家のため、私の全てをかけてこの戦いに臨んでいきたい。様々な課題に立ち向かうには、国民の協力がなくてはならない。国民の声を丁寧に聴く力も求められる。国民の協力を引き出すことのできるリーダーを目指していきたい。

<<岸田氏の個人サイトは、こちら>>(別サイトにジャンプします)

 【安倍政権の評価】経済でも外交でも大きな成果があったが、10年、20年、同じ政策を続けて通用するほど甘いものではない。中間層や中小企業、地方にも成長の果実が届く「トリクルダウン」が実感できないとの指摘がある。格差の問題など、新たな課題に取り組まなければならない。

 【財政・金融政策】数年間は思い切った財政出動を続けなければならないが、金利を下げ、財政出動し続けると、経済の変動に有効な政策手段を失う。各国が平時に戻す努力をする時に、日本も遅れることなく、財政の健全化や金利を考えていくべきだ。

 【憲法改正】自衛隊の憲法における明確化も重要な課題だが、緊急事態対応や教育の充実、「1票の格差」の物差しが人口割りしか書いていないことも現代的な課題だ。誰がリーダーになっても絶えず考えていかなければならない。

 【衆院解散】衆院解散・総選挙は、国民の声をエネルギーとして重要な政策を進めていく機会でもある。必要であれば、国民の声を聞くことを考えることはありえる。

 【日韓関係】両国の国民の感情をコントロールし、冷静な外交の対話を行っていく環境整備も大事だ。

総裁選の構図

党内7派閥のうち5派閥が菅氏支持へ…2日夕に出馬表明

ドキュメント・ポスト安倍

真価問われる初入閣組(9月17日)
朝の散歩「リフレッシュ」(9月16日)
2人のエール交換(9月15日)
座右の銘 戦いぶり映す(9月13日)
特派員 菅氏の「外交」関心(9月12日)
官房長官「ときどき」候補者(9月11日)
若手 地方の声反映に腐心(9月10日)
3陣営3様の出陣式(9月9日)
パーティー続々「解散警戒」(9月8日)
3氏 災害対策アピール(9月7日)
予備選準備 休日返上で(9月6日)
菅氏と松井市長がエール交換(9月5日)
公明 衆院解散に恐々(9月4日)
コロナ2閣僚 蚊帳の外(9月3日)
女性候補「推薦人」が壁(9月2日)
首相 吹っ切れた表情(9月1日)
小泉氏、早々に「不出馬」(8月31日)
竹下派 一枚岩となるか(8月30日)

総裁選Q&A

4000円

Q.自民党員になるには?

A.〈1〉党綱領などに賛同する〈2〉満18歳以上で日本国籍を有する〈3〉他党の党籍を持たない――との入党資格があり、党員による紹介も必要だ。総裁選の有権者になるには、選挙の前年と前々年の2年連続で党費(一般党員は年4000円)を納めなければならない。

108万人

Q.党員数は?

A.昨年の党員数は、前年比1・3%減の108万6298人で、7年ぶりに減った。統一地方選と参院選への対応に集中したためとみられる。党執行部は、党所属国会議員に「1000人以上」という獲得ノルマを課している。

141人

Q.今回の総裁選で党員は投票できるの?

A.総裁選は、国会議員票と同数の「党員票」の合計で争うのが原則だ。ただ、「特に緊急を要するとき」には党則の例外規定を適用できる。この場合、党大会に代わる両院議員総会で総裁選を行い、全国一斉の党員投票を見送ることが可能だ。総会では、党所属国会議員394人(衆参両院議長を除く)と各都道府県連の代表者各3人(141人)で決める。都道府県連票3票の割り振り方を党員投票で独自に決めようとする動きもある。

前回の総裁選を振り返る

安倍3選~ざっくり分かる自民党総裁選 その仕組みと歴史

無断転載・複製を禁じます
1451852 0 トピックス 2020/09/03 12:00:00 2020/09/17 11:15:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200908-OYT8I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ