読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[レジェンド]作曲家 筒美京平 半歩先ゆくヒットメーカー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

茶の間に「洋楽の薫り」

筒美京平さん(2006年4月撮影)
筒美京平さん(2006年4月撮影)

 初のオリコンシングルランキング1位は、1968年の「ブルー・ライト・ヨコハマ」。これまで同ランキングでトップ10入りした楽曲は209作。1位獲得は39作。希代のヒットメーカー・筒美京平(76)。昭和から平成、21世紀とこれだけ長期にわたり、ヒット曲を生み続ける作曲家はいない。

華麗なアレンジ

 筒美の作曲の流儀は、欧米ポップスの要素を、日本人好みに仕立てること。交流の深い音楽プロデューサー、川原伸司(66)は「ブロードウェーのミュージカルをそのまま持ってきてもヒットしない。京平さんがやったのは、西洋文化を、日本の茶の間で受け入れられるようにすること。西洋料理を日本風にしたカツ丼と同じですよ」と分析する。

 筒美は東京出身。幼少時からピアノに親しみ、青山学院大在学中はジャズバンドで活躍した。卒業後はレコード会社に就職し、洋楽のディレクターになった。作曲に興味を示していたため、1年先輩で作詞家の橋本淳(77)の勧めで、作曲家のすぎやまこういち(85)宅に通い作曲を学んだ。

 「ブルー・ライト・ヨコハマ」は、メロディーは歌謡曲風だが、管楽器を使ったアレンジは華麗で、米国の作曲家バート・バカラックの作品を思わせる。演歌調の曲が主流だった時代、洋楽の薫りが漂う斬新な楽曲だった。録音の前日、橋本がホテルの公衆電話から筒美に歌詞を伝えると、翌日の夜にはもう曲ができていた。「京平さんは外国の曲をたくさん聴いて、コード(和音)進行の流行をとらえていた」と橋本。

 テレビアニメ「サザエさん」の主題歌も、リズムが前面に出て、ソウルの影響を感じさせる。76年に筒美の名前を出さずに発表した「セクシー・バス・ストップ」はディスコで流行。外国作品と間違われ、「ファンはだまされた」などと報じた新聞もあった。川原は「ビートの感覚がすごい。ディスコには行かないけれど、勉強しているから、踊れる曲も作れる」と笑う。筒美は、かつて本紙の取材に作曲の極意を明かした。「例えば、ポール・モーリアが出てきたら、どうして売れたかを考える。その中で日本の土壌や自分との接点を見つけた」と。

「魅せられて」レコ大

 70年代には吉田拓郎や井上陽水らシンガー・ソングライターが台頭。作詞家、作曲家と歌手が「分業制」だった時代に変化が訪れた。そんな中、79年、筒美は作・編曲したジュディ・オングの「魅せられて」を世に放つ。大胆なイントロ、エキゾチックなアレンジで大ヒットし、日本レコード大賞を受賞した。長年、一緒に仕事をしてきた音楽出版社の日音元会長の恒川光昭(72)は「シンガー・ソングライターやサザンオールスターズが出てきて世の中がわーっとそちらに行った中、『イッツ・ア・歌謡曲』が、瞬く間に1位になった。時代の端境期での、とんでもない爆弾だった」と振り返る。ジュディ・オングは「すてきなメロディーだと思いましたが、歌うのが大変! 歌詞全てに細かく音符が付いていました」と回顧する。

 筒美は表舞台に出ることを嫌った。ある年の日本レコード大賞の式典で、テレビ局に命じられた恒川が、筒美を会場に連れて行った。賞の発表の時、筒美の背中をポンと押し、スポットライトを浴びさせた。恒川は「(筒美が)烈火のごとく怒った」と苦笑い。川原も「照れて出たくないというレベルじゃない。裏方という意識が徹底している。本当の職人です」と続ける。

 しかし、自作を表舞台に上げることへの執念はすごい。本紙の別の取材では「僕がずっと大切にしてきたのは、ヒットメーカーという呼称。心にしみる歌を書きたいと思ったことはない。これからもヒットにこだわっていく」と宣言した。橋本は「京平さんは曲を作る時は、きょうの半歩先、きょうとあしたの間ぐらいのところを考えていた。先に行き過ぎると売れないし、難しい。それができるから天才なんだ」と評する。

 12月には人気声優・飯田里穂が歌う新曲「青い炎シンドローム」が発売される。時代の「半歩先」を探る旅は続く。(桜井学、鶴田裕介)

世代超えて誰もが心地よく

 声優・飯田里穂(25)

 元々私は曲を覚えるのに時間をかける方ですが、今回は初めてと言ってもいいくらいスムーズに録音できました。まるで以前から知っている曲のように、自分の中にすんなり入ってくる、不思議な体験でした。そんなところに筒美先生の作品の秘密があるのかもと思いました。

 「木綿のハンカチーフ」や「魅せられて」が好きです。私が生まれる前の曲ですが、世代に関係なく、誰もが心地よく感じられます。

 ゲームやアニメの「ラブライブ!」の星空凛役で人気。歌手としても活躍。

無断転載・複製を禁じます
1541327 0 トピックス 2016/10/28 15:30:00 2016/10/28 15:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201012-OYT8I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)