読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

はやぶさ2 打ち上げ 小惑星探査 6年の旅

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載し、打ち上げられるH2Aロケット26号機(3日午後1時22分、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターで)=片岡航希撮影
小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載し、打ち上げられるH2Aロケット26号機(3日午後1時22分、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターで)=片岡航希撮影

 小惑星探査機「はやぶさ2」が3日午後1時22分4秒、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケット26号機で打ち上げられた。太陽系や生命の起源を探る手がかりを得るため、6年かけて地球と火星の間に軌道を持つ小惑星「1999JU3」から、水や有機物を含む岩石を持ち帰ることを目指す。ロケットは地球を1周して加速し、太平洋上空で、はやぶさ2を切り離す。

 打ち上げは当初、11月30日を予定していたが、悪天候で2回、延期していた。

 3日の種子島は薄曇りで、風は弱め。ロケットは、午前8時過ぎに燃料となる液体水素などの注入を終えた。

 発射時刻の5秒前にはエンジンが点火され、カウントダウンが「ゼロ」を数えるとともに、ロケットは轟音を響かせながら一気に上昇した。

 はやぶさ2はロケットの先端部分に格納され、午後3時9分、太平洋上空約890キロ・メートルで切り離される。その5分後、はやぶさ2は畳んであった太陽電池パネルを広げ、エネルギーを確保して自力航行の準備に入る。

はやぶさ2の探査計画
はやぶさ2の探査計画
はやぶさ2が目指す小惑星
はやぶさ2が目指す小惑星

 はやぶさ2は、小惑星イトカワの微粒子を2010年に持ち帰った探査機「はやぶさ」の後継機で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が約289億円かけて開発した。約3年半後の18年半ば、目的地の小惑星に到着し、地球への帰還は、20年末を予定している。往復距離は約52億キロ・メートルになる見通しだ。

 打ち上げを担当した三菱重工業によると、小惑星と地球は異なる軌道で太陽を公転しており、「限られた燃料で往復するため、打ち上げ時刻は秒単位で決まっている」と言う。遠い天体に向かう場合は、角度や位置などの小さなずれが、大きなずれにつながる。同社は「打ち上げのタイミングは1日1回しかない」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1633360 0 トピックス 2014/12/03 14:00:00 2020/11/18 10:15:40 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201117-OYT8I50102-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)