読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小惑星多数に含水鉱物 地球の水 解明の糸口に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 探査機「はやぶさ2」が到着した小惑星リュウグウと同型の小惑星の多くに、水を含む鉱物があることを確かめたと、神戸大や宇宙航空研究開発機構(JAXA)などのグループが発表した。地球の水がどこからもたらされたかの解明につながるといい、研究内容が17日、日本天文学会の専門誌に掲載された。

 小惑星は太陽系初期の状態を残している。水を含むとみられるものも多く、地球の水の起源として有力視されている。

 グループは、2011年に運用を終えた赤外線天文衛星「あかり」が観測した、火星と木星の間にある小惑星のうち、リュウグウと同タイプの22個から届く光のデータを解析。うち17個から、水を含んだ鉱物に特徴的な波長を検出した。

 小惑星ごとに水量の違いがあり、太陽などによる加熱で脱水した可能性が考えられるという。リュウグウには当初、水の存在が期待されたが、その後の観測で水はほとんどないとわかった。脱水で水が失われたとの見方があり、今回の解析結果ともつじつまが合う。

 グループの臼井文彦・神戸大特命助教(赤外線天文学)は「リュウグウと同型の小惑星が地球にぶつかれば、水を供給した可能性もある。地球の水のうち一定の割合は小惑星から供給されていてもおかしくない」と話す。

無断転載・複製を禁じます
1633682 0 トピックス 2018/12/18 14:00:00 2020/11/18 10:09:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)