読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「弔い合戦」「大規模買収」、菅内閣発足後初の国政選挙…衆参補選・再選挙

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 衆院北海道2区補欠選挙が13日、告示された。8日に告示された参院長野選挙区の補選と参院広島選挙区の再選挙と合わせ、25日に投開票される。一連の選挙は、菅内閣発足後初の国政選挙となる。現職議員の死去による「弔い合戦」、大規模買収事件による当選無効などもあって国民の関心も高い。秋までに行われる衆院選の前哨戦として、選挙戦は激しさを増していきそうだ。(読売新聞オンライン 加藤雅浩)

 北海道2区補選は、収賄事件で在宅起訴された吉川貴盛・元農相(自民党を離党)の議員辞職に伴い行われる。今回の補選には、計6人が立候補を届け出た。

 自民党は候補者の擁立を見送り、不戦敗となる。共産党は候補者を取り下げ、党北海道委員会が立憲民主党の松木謙公氏(62)(国民民主、社民各党推薦)を推薦した。松木氏を除き、立候補者はいずれも新人。日本維新の会は前道議の山崎泉氏(47)を立てた。NHK受信料を支払わない方法を教える党からは斉藤忠行氏(29)が立候補した。弁護士の長友隆典氏(52)は自民党員ながら無所属での立候補となった。内科医師の小林悟氏(56)、元アナウンサーの鶴羽佳子氏(53)も無所属での出馬となった。自民党の候補者擁立見送りによって自民党支持層の取り込みにも注目が集まりそうだ。

 長野補選は、立憲民主党の羽田雄一郎・元国土交通相が昨年12月、新型コロナウイルスに感染して死去したことに伴い行われる。立候補を届け出た3人はいずれも新人。自民党は元衆院議員の小松裕氏(59)(公明党推薦)、立民は雄一郎氏の弟の羽田次郎氏(51)(共産、国民民主、社民各党推薦)を擁立し、与野党対決の構図となった。立民にとっては「弔い合戦」となる。ほかにも、NHK受信料を支払わない方法を教える党から党職員の神谷幸太郎氏(44)が立候補を届け出た。

 広島再選挙は、2019年参院選を巡る大規模買収事件で有罪が確定した河井案里氏(自民を離党)の当選無効に伴い実施される。自民公認の新人で元経済産業省課長補佐の西田英範氏(39)(公明推薦)と、諸派の新人でフリーアナウンサーの宮口治子氏(45)(立民、国民民主、社民各党推薦)による事実上の一騎打ちが予想される。N教が党職員の山本貴平氏(46)を擁立し、市民団体会長の大山宏(72)、介護ヘルパーの佐藤周一(45)、内科医師の玉田憲勲(63)の新人3氏も立候補を届け出た。

無断転載・複製を禁じます
1970182 0 トピックス 2021/04/08 12:00:00 2021/04/13 17:24:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)