読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ビートルズ来日をカラーで再現…思い出はモノクローム、AIで色づけ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昭和の時代は、新聞社が撮るニュース写真の大半がモノクローム(白黒)だった。カラーフィルムがまだ貴重だったこともあるが、新聞社の輪転機(印刷機)は大部数を短時間で印刷することを第一の目的としており、多色刷りが難しかったからだ。カラー写真を新聞紙上できれいに高速印刷できるようになったのは約30年前、平成に入った頃からである。

 それ以前に新聞記者が立ち会った歴史的シーンの写真の多くはモノクロであり、「カラーで見ることができたら」と思うことがしばしばある。しかし人工知能(AI)の登場により、その願いがかなうことになった。

 (写真中央の白丸を左右に動かすと、モノクロとカラーを比較できます。右いっぱいでオリジナルの白黒写真、左いっぱいでカラー化した写真となります)

ポール、お忍びで皇居へ

 読売新聞の新企画「Color the News」では、モノクロでしか見ることができなかった昔のニュース写真を、AIの力を借りてカラー化していく。モノクロームの思い出が色づいて鮮明によみがえることだろう。

満を持して登場

 昔のモノクロ写真をカラー化する今回の企画は、早稲田大学理工学術院の石川博教授の研究室が開発した、人工知能(AI)による自動色付けシステムを、許諾を得て使用している。モノクロの元画像をシステムにかけるとかなりの部分がカラーに変換される。ただし、AIといえども、すべてきれいにカラー化することはむずかしい。AIが得意とするのは、人の顔や腕など皮膚の色付けだ。表情の中の微妙な陰影なども相当にうまくカラー化してくれるようだ。

タラップに立つメンバー

 一方で、人工物のカラー化は苦手らしい。たとえば、ビートルズが飛行機のタラップを降りてくる写真。AIは日本航空の「JALマーク」の色を判断できず、モノクロ画像と同じグレーにした。こうした部分は人間が補う必要があり、読売新聞の写真記者が補色している。

ファンで埋まる日本武道館

※本企画のカラー化にあたり、早稲田大学理工学術院・石川博教授の研究室が開発した自動色付けシステムを許諾を得て使用しています。

無断転載・複製を禁じます
2011479 0 トピックス 2021/04/27 09:00:00 2021/04/27 09:44:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)