読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

金、銀、銅のオニオコゼを展示…サンシャイン水族館

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京・池袋のサンシャイン水族館は、「金」「銀」「銅」の色をしたオニオコゼ3匹を、8月1~31日の期間限定で公開する。色彩の変異で、めったに見ることがない色をしており、貴重な機会だ。

金、銀、銅と3色そろったオニオコゼ(サンシャイン水族館提供)
金、銀、銅と3色そろったオニオコゼ(サンシャイン水族館提供)

 オニオコゼは背びれのとげに猛毒があるが、味が良い高級魚として知られる。海底の岩に擬態して身を守り、エビやカニを待ち伏せして捕食するため、通常は赤や黒褐色をしているが、メラニン色素を作る遺伝子の異常「アルビノ」で黄金や赤銅色になった可能性が高いという。

 3匹は、今年3月末で営業を休止した志摩マリンランド(三重県志摩市)から譲り受けた約10種372点のうちの一部。担当スタッフは「金色、銅色のオニオコゼはとても珍しい」と話す。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2240835 0 トピックス 2021/07/28 11:45:00 2021/07/28 21:00:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210728-OYT8I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)