メガネの大山康晴とくわえタバコの升田幸三…1960年代の将棋界をカラー化

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売新聞の企画「Color the News」では、モノクロ(白黒)でしか見ることができなかった昔のニュース写真を、AIの力を借りてカラー化している。今回カラー化したのは、1960年頃の将棋界のレジェンドたちだ。(文中敬称略)

米国統治下の沖縄にはためく「日の丸」…返還8年前をカラー化

 1枚目の写真は1962年(昭和37年)11月21日、第1期十段戦七番勝負の第3局だ。左が大山康晴、右が升田幸三。当時の将棋界に並び立つ巨頭2人である。傍らに火鉢を置き、くわえタバコで対局する様子が時代を感じさせる。

 この写真のカラー化は難航した。AIは人間の肌の色はうまくカラー化してくれるが、衣服の色を判断するのが苦手だ。大抵は単一の同系色で濃淡をつけるのみに終わってしまう。

 今回の写真でAIは、対局者2人の和服も向こうの観戦記者たちの背広も、すべて紺色で濃淡をつけるだけだった。当時の男性の服は今よりずっと地味だったとしても、茶系の羽織や背広なども多かったはずで、青系一色ではリアリティーを欠く。

 このため補色作業によって、大山の和服と一部記者の背広を茶系に変えてみた。実際には大山の方が青系で、升田が茶系であったかもしれない。

「ひふみん」の結婚披露宴

 2枚目の写真は1960年(昭和35年)1月15日、今では「ひふみん」の愛称で親しまれている加藤一二三の結婚披露宴だ。新郎新婦のケーキカットを見守っているのが升田である。紋付きの礼装にもかかわらず、下着の長袖シャツが袖からも襟からも出ている。このいでたちが、長髪ひげ面とともに、升田のトレードマークだった。

 この写真ではウェディングケーキの模様を再現できなかった。ウェディングケーキは純白なのでカラー化とは関係ないが、ケーキの部分がいわゆる「白飛び」の状態になってしまい、模様が写っていなかった。撮影したカメラマンは、加藤ご夫妻の幸せそうな様子に当てられたのかもしれない。

※本企画のカラー化にあたり、早稲田大学理工学術院・石川博教授の研究室が開発した自動色付けシステムを、許諾を得て使用しています。

スクラップは会員限定です

使い方
「トピックス」の最新記事一覧
2700406 0 トピックス 2022/01/25 09:00:00 2022/01/25 09:28:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)