予防はどうする?

手洗い

手洗い

 あらゆる感染症を防ぐ基本の基が、手や指を清潔に保つこと。こまめにせっけんでの手洗いか、アルコール消毒をする。

 手洗いは手の表面についたウイルスを洗い流す。手のひらだけでなく、甲、手首、指の間、爪の境目などを丁寧に時間をかけて洗うことが大切だ。手を拭く時は清潔なタオルやペーパータオルを使う。

 アルコールは、コロナウイルスの表面を覆う膜を壊し、ウイルスを死滅させる。

 どちらも基本的に効果は同じで、WHOは二つを一緒に行うことは推奨していない。手荒れになると、細菌が増殖しやすくなるからだ。

アルコール消毒はどれほど効くの?

アルコール消毒はどれほど効くの?

 コロナウイルスは濃度70%以上のアルコールに弱いことが知られている。市販の手指消毒用アルコールは概ねこの濃度だ。

 机やテーブル、ドアの取っ手など、人の手が触れるところも、定期的にアルコールで消毒し、清潔に保ちたい。

 物品の消毒の場合、家庭用の塩素系漂白剤も使える。特に家庭内に感染した人や、感染の可能性がある人がいる場合は、塩素系漂白剤を併用し、念入りに消毒するよう厚生労働省などでは勧めている。

適切な距離と換気を

適切な距離

 感染から身を守る方法の一つとして、世界保健機関(WHO)は、周囲の人との距離を少なくとも1mあけることを挙げる。これより近いと、感染者のウイルスを含んだせきやくしゃみを吸い込む恐れがあるからだ。より安全な距離は2mとされるが、電車内や職場など難しい場面では、換気して空気を新鮮に保ちたい。

マスクは効果あり?

マスクの効果

 新型コロナウイルスは、大きさが0・1μmと極めて小さく、一般のマスクではフィルター部分をすり抜けてしまう。顔との隙間もできてしまい、一般のマスクで感染症を防ぐことは、国は「効果は認められていない」。ただ、混雑した電車内など換気が不十分な場所では、「一つの予防策」との見解を示している。

 一方、感染が少しでも疑われる時は、マスクの着用を。感染の症状がなくても、せきやくしゃみが出ればウイルスがいる可能性もある。マスクがなければ、ティッシュやハンカチ、とっさの時は上着の袖などで口と鼻を覆う。マスクやハンカチなどに触った手でウイルスが広がらないように、速やかに手洗いを。

高齢者は気をつけて

 高齢者が感染すると、重い肺炎などになりやすいとされる。WHOによると、2月20日時点の分析では80歳以上の死亡率は20%を超えていた。

 年を取ると免疫の働きが悪くなって、体内のウイルスを殺せなかったり、免疫の働きをうまく制御できずに過剰な反応が起きたりして、炎症が悪化しやすい。まずは感染の防止が大切だ。

持病を持つ人は警戒を

 持病や受けている治療によって、感染症にかかりやすかったり、重症化しやすくなったりする人がいる。

 特に要注意なのが透析患者だ。腎臓がほとんど機能せず、免疫力が低下している。治療では血液を体外に取り出すため、感染しやすい状況にある。透析は同じ部屋で複数の患者が受けるため、ひとたび感染者が出ると一気に広がるおそれがある。感染症の疑いがある人は、透析患者に極力近づかないように注意する。

妊娠中の女性は?

 新型コロナウイルスが妊娠中の母子感染を起こすかなど、妊娠への影響を明確に示す報告は現在のところない。ただ、一般的に妊婦は感染症にかかりやすい。2009年の新型インフルエンザでは、妊婦は重症化しやすく、死亡率も高かった。

 自衛策として、妊婦は人混みや満員電車などの閉ざされた空間を避け、手洗いを徹底する。時差通勤や在宅勤務などで、母子を守る対策も広めたい。

子供にはどれぐらい感染しているの?

子供にはどれぐらい感染しているの?

 中国の報告では18歳以下は2.4%で、重症化や死亡した人はほとんどいない。国内でも未成年者の割合は少なめの印象だが、米中のチームの研究では、子供も他の年齢層と同程度の感染割合だった。ただ、感染しても多くは軽症で済んでいる。

  親から子どもに、子供から高齢者にうつさないように、家庭での対策、衛生教育をしっかり行うことが必要だ。

最新ニュース

ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ