文字サイズ
    ちょっと気になるニュース、インターネットやSNSで話題のトピックス……。世の中の「今」をお届けします。
    文化

    「あしたのジョーは俺たちが生きた証し」アニメ生みの親が語る

     日本のマンガとアニメーション史に 燦然 ( さんぜん ) と輝く傑作の魅力を見つめ直す「連載開始50周年記念 あしたのジョー展」(28日~5月6日・東京ソラマチ、主催=講談社、トムス・エンタテインメント、読売新聞社)。呼び物の一つが、テレビアニメ版で視聴者を魅了した迫力ある「止め絵」が、ずらりと並ぶことだ。生みの親の一人で、アニメ界の大御所として現在も第一線で活躍するプロデューサーの丸山正雄さん(76)が、展示の開幕を前にヨミウリ・オンライン(YOL)の取材に応じ、作品の魅力と熱気に満ちた制作現場の秘話を語った。「あしたのジョーは、あの時代に俺たちが生きていた一つの証しみたいなものだ」(本文中は敬称略。読売新聞メディア局編集部・込山駿、原啓一郎)

    意外にも虫プロで制作 カリスマ出崎統の監督作品

    • 「あしたのジョー」制作前後、旅先でくつろぐ丸山(右)と出崎(中央)ら=丸山正雄さん提供
      「あしたのジョー」制作前後、旅先でくつろぐ丸山(右)と出崎(中央)ら=丸山正雄さん提供

     マンガ「あしたのジョー」は1968年1月から73年5月にかけて、『週刊少年マガジン』(講談社)に連載された。原作は高森朝雄(梶原一騎の別名義)、作画はちばてつや。不良少年あがりのボクサー・矢吹丈の成長とライバルたちとの死闘を描いた熱血ボクシング劇画で、世代を超えて読み継がれている。

     最初のアニメシリーズは、漫画連載中の1970年4月から、フジテレビ系で放送された。制作は意外なことに、劇画と縁遠い印象があるマンガの神様・手塚治虫が創設した虫プロダクション。亡きカリスマ的アニメ作家・出崎(おさむ)(1943~2011年)が監督デビューを飾った作品だ。丸山は語る。

    • アニメ制作当時を振り返る丸山(4月17日、東京・南阿佐ヶ谷のスタジオM2で)=原啓一郎撮影
      アニメ制作当時を振り返る丸山(4月17日、東京・南阿佐ヶ谷のスタジオM2で)=原啓一郎撮影

     「ぼくは、東京オリンピック(1964年)の少し後、虫プロに入った。70年頃というのは、虫プロが曲がり角に差し掛かった時代で、手塚作品以外のものにも手を出し始めていた。もちろん、鉄腕アトムやジャングル大帝をやる人たちがメインだけど、別室には『あぶれ者』の集まりみたいな若手のアニメ制作者の一団が集まっていた。その中心だった出崎がある日、企画部にいたぼくのところへ、あしたのジョーの原作マンガを手にして、持ちかけてきた。『マル、これをやりたいんだ』と。虫プロにいながら、根っからのちばてつやファンを公言していたぼくも、望むところだったね」

     「まずは、作っちゃおうぜ――。そんな調子で、ぼくら2人でパイロット(試作品)を仕立てた。時間もお金も画力もないから、原作マンガの絵を拡大コピーして、それを撮影してフィルムにした。止め絵が連なっているだけの映像だった。でも、今にして思うんだ。あのパイロットこそ、後の出崎演出の原点だよ。『いい絵さえあれば、なまじっか動かなくても迫力は出るし、ストーリーも十分に伝わる』と、あの時に出崎は悟った。動画づくりに止め絵を活用するという逆転の発想に目覚めたんだ」

    力石戦、圧巻の止め絵演出 シナリオ無視の出崎流

    • 生前、本紙のインタビューに応じた出崎統(2009年12月)=冨田大介撮影
      生前、本紙のインタビューに応じた出崎統(2009年12月)=冨田大介撮影

     パイロットがフジテレビのプロデューサーの目に留まり、放送実現に向けて話が動き出す。丸山は虫プロのホープ・杉野昭夫を作画監督に起用し、人気アニメ「巨人の星」を手掛ける作画スタジオからも劇画タッチに習熟した描き手を借りた。急ぎ足で体制を組み、放送開始に間に合わせた。

     「あしたのジョーは、毎週水曜午後7時から30分間、放送された。これを、ぼくらは4班で転がした。虫プロ内に2班、外部に2班。ぼくの役回りは、みんなの世話係みたいなものかな。ジョーの場合、マンガを基にシナリオを用意して、監督の出崎が絵コンテを描いて杉野たちの作画へ回す流れになる。ところが出崎ときたら、シナリオをほとんど無視して書きかえてしまう。当然、シナリオライターが激怒するよね。その間に入って何とかするのが、ぼくの主な仕事だった。中盤から、とうとうシナリオライター不在になってしまった。そこからは、マンガを読んだぼくが『オサムちゃん、このセリフは使ってね』とか『ここだけは勝手に変えないでくれよ』とか、最低限を出崎に伝えてコンテを描かせた。だから、ある時期からシナリオライターの名前は、ぼくの適当なペンネームになっていたり、何も書いていなかったりするんだよ。ちばさんと梶原さんの間がちょっとうまくいかなかった時期には、ちばさんの代理で梶原邸へ原作を受け取りに行ったこともあったなぁ。熱気というか、エネルギーだけで何とかしたような作品で、完成したのが不思議なくらいだよね」

     「矢吹丈と、宿命のライバル・力石徹。ぼくらの作ったアニメは、とにかく力石のくだりがすごい。少年院を出てから2人が再会し、対決して、悲劇が訪れる。壮絶な減量に苦しむ力石の表情、リング上で必殺のパンチを交わす前、打ち終わった後、決着の瞬間、届いた悲報……。そういった見せ場で、止め絵がとても効果的に使われていた。『これには参った』と感じざるを得なかったね。集中力が抜群で、恐ろしく仕事が早かった天才・出崎。ジョーを手掛ける少し前から、素晴らしいアニメ作家になりつつあったけど、力石戦のくだりで、ついに自分の表現を確立した感じがする」

    盟友コンビの独立と決別、いずれもジョーがきっかけ

    • 本紙のインタビューに応じる丸山(4月17日、東京・南阿佐ヶ谷のスタジオM2で)
      本紙のインタビューに応じる丸山(4月17日、東京・南阿佐ヶ谷のスタジオM2で)
    • カリスマ的アニメ作家として活躍した生前の出崎(2008年4月)=加藤祐治撮影
      カリスマ的アニメ作家として活躍した生前の出崎(2008年4月)=加藤祐治撮影

     アニメの方が展開が早く、マンガ連載を追い越してしまったため、放送は物語の途中だった71年9月、全79話で終わった。それから間もなく、丸山と出崎は虫プロから独立して新プロダクション「マッドハウス」を設立する。「エースをねらえ!」「ガンバの冒険」など、次々と傑作を世に送り出す快進撃で、2人はアニメ界きってのヒットメーカーとして地位を確立する。迎えた1980年。矢吹丈物語の完結編にあたる「あしたのジョー2」の制作話が持ち上がった。

     「ぼくは『ジョー2』には参加しなかった。『もうジョーはやらないよ』と宣言した。あしたのジョーは、物語としては力石戦までで十分だというのが、ぼくの意見なんだ。だって、あの有名な『真っ白な灰』になるまで燃え尽きた結末にしても、力石戦後に丈がそうなっていたって全く不思議はないでしょう。アニメの作り手としても、力石戦で全てやり切ったというイメージを持っていた。力石を超えるライバルなんて、描けないと。でも、出崎と杉野には『ジョーは俺たちのもの。ほかの人にやらせるわけにはいかない』という作家としての思いが強かったんだね。だから、マッドハウスは分裂した。2人が別の会社を作って独立したんだよ。出崎とは、それから二十数年間、一緒に仕事をしなかった。仕事の意見が違っただけで、けんか別れしたわけではないから、仲のいいマージャン友達ではあり続けていたけれどもね……」

    輝くハーモニー画、さえたライティング「アニメの質は2が上」

    • (C)高森朝雄・ちばてつや/講談社・TMS
      (C)高森朝雄・ちばてつや/講談社・TMS

     「あしたのジョー2」(全47話)は1980年10月から81年8月まで、毎週月曜午後7時から30分間、日本テレビ系で放送された。出崎監督、杉野作画のコンビによる最高傑作とも言われている。

     「ハーモニー画」という手法がある。アニメの画面は、基本的に背景の上にキャラクターを重ねて出来上がるのだが、キャラクターを描く際に背景画と同じタッチにすることで調和(ハーモニー)を生むという手法だ。出崎監督はハーモニー画を止め絵に用いて、繰り返し見せたり、クローズアップしたりして、登場人物の感情を強調した。さらに、画面の横や上から光が線状に差し込んでくる「入射光」や、画面を部分的にキラキラさせて涙や水面の輝きを表現する「透過光」。その後の劇画アニメで基本となる手法の数々が、ジョー2では縦横無尽に駆使されている。

     「ぼくの参加したジョーと、ジョー2。アニメ作品としてのクオリティーには、比べものにならないほどの差があるよ。2の方が、はっきり言って、はるかに上。スタッフの体制をきちんと築いて、お金もかけて作った2には、出崎と杉野の一番いいところが表現されている。物語として面白いかというと、ぼくは面白くないと思うけど、今のアニメ技術でもなかなか超えるのは難しいんじゃないかというほど、素晴らしい完成度のアニメーションになっている」

     「映像の中の一瞬の輝きを、表現できているのがすごい。ライティング、つまり光の当て方も、常に意識してやっている。出崎の告別式で、手塚プロの社長が『どんな講義よりも、出崎さんの作品を1本見せる方が、アニメの学校では影響力がある』という話をしていたけれども、全く同感。どの技法が誰に影響を及ぼしたとか、言葉では言い切れないもの全てが、あしたのジョー2には詰まっているね。アニメ界そのものを変えた作家・出崎統の代表作でしょう」

     出崎は2011年、肺がんのため、息を引き取った。

     「08年、テレビアニメを1本、一緒に撮れた。『実は、がんらしいんだ』と言って彼が持ち込んだSFドラマの企画を、実現させた。(たもと)を分かってから、たまに『マル、手伝ってよ』と話を持ってきたこともあったけど、ぼくは『や~だよ』って、断っていた。意地を張っていたんだね。こっちにだって、出崎とやりたいなぁと思う仕事が、何本もあったのにさ。でも、二十数年ぶりで最後に一緒に撮れたのは、よかった」

    ぶつかり合う作家の個性 立ち上る昭和の香り

    • (C)高森朝雄・ちばてつや/講談社・TMS
      (C)高森朝雄・ちばてつや/講談社・TMS

     丸山は、出崎の他界後も、アニメ界の第一線で活躍を続けている。16年には、劇場アニメ映画「この世界の片隅に」をプロデュース。太平洋戦争当時の広島で銃後を生き抜く女性の姿を描いた大ヒット作で、数々の映画賞にも輝いた。必死で生きる昭和の日本人を描くという点では、あしたのジョーと通底するものがあるかもしれない。

     「ぼくは、昭和に生まれて、昭和で死に損ねた男だからね。何というか、昭和の香りみたいなものだけは、どうしても作品に出てしまうのかもしれない。でも、ぼくの手掛けるアニメに、一貫性なんていうものはないよ。そんなふうに貫けてしまう人も、中にはいるかもしれないけれど、ぼくは一貫性のない仕事もいっぱいやってきたから。きれいにはいかない」

    • マンガ「あしたのジョー」のラストシーン
      マンガ「あしたのジョー」のラストシーン

     あしたのジョーは、マンガの連載開始から半世紀が経過し、物語の舞台となった東京の下町にそびえる東京スカイツリータウン内で、展覧会が開かれる。

     「不思議な作品だと、つくづく思う。まずマンガは、ちばさんのものであり、梶原さんのものでもある。全く個性の異なる作家たちがぶつかり合いながら、どうしてこんなに素晴らしい作品を作り上げられたのか。そして、アニメはちばさんでも梶原さんでもなく、出崎と杉野の作品になっている。今回の展覧会で、マンガとアニメの絵を見比べてみれば、面白いよ。アニメの絵は誰の目にも、ちばさんとは全然違う作家のものに見えるから」

     「ぼくたちが作った、あしたのジョーのアニメ。後半の力石を描いたくだりを除けば、好きじゃないところはいっぱいあるし、『見ていられないや』というほど恥ずかしい回もある。当時のコンテのまま、作り直してクオリティーを上げたいとも思う。でも、出崎統がこの世にいない今、やっぱり触れないな。あれはあれでもう、仕方がないんだ。あの時代に俺たちが生きていた一つの証し――みたいなものだから」

     
    丸山 正雄(まるやま・まさお)
    1941年6月19日、宮城県生まれ。虫プロダクションを経て、出崎統らと独立。現在はアニメ制作会社・スタジオM2(東京・南阿佐ヶ谷)で代表取締役社長を務める。日本のアニメに半世紀以上携わり、プロデューサーとして数々の傑作を世に出してきた。

    「連載開始50周年記念 あしたのジョー展」

    会期 4月28日~5月6日(無休)
    開場時間 午前10時~午後6時(入場は午後5時半まで)
    入場料(税込み) 一般・大学生1200円、高校・中学生800円、小学生以下無料
    会場 東京ソラマチ5階スペース634(東京都墨田区押上、東京スカイツリータウン内)
    主催 講談社、トムス・エンタテインメント、読売新聞社
    ※漫画の原画、アニメの止め絵などの資料、あしたのジョーを原案とする新作アニメ「メガロボクス」も紹介する展覧会。詳細はこちら

    2018年04月26日 11時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP