eスポーツ国体の「プレ大会」、9月に開催へ…茨城

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

会場のつくば国際会議場大ホール(つくば国際会議場提供)
会場のつくば国際会議場大ホール(つくば国際会議場提供)

 茨城県は13日、2019年に開催する茨城国体と全国障害者スポーツ大会のエキシビションマッチ(プレ大会)として、「eスポーツ」の大会を9月15日につくば国際会議場(茨城県つくば市)で開催すると発表した。茨城国体では文化プログラムとして、初めてeスポーツが採用されており、国体に向けた気運を高めるため開催することになった。

 競技種目はサッカーゲームの「ウイニングイレブン2019」で、高校生対象の「少年の部」と、年齢制限のない「オープンの部」で、3人1組の各16チームを募集する。いずれも茨城県内に在住、通勤・通学する選手でチームを組む必要がある。参加費は無料。賞金は出ないが、両部門の優勝、準優勝チームに表彰状が授与されるほか、19年の国体で開催される大会でシード権を与えるなどの優遇措置が検討されている。

 決勝戦などを行う国際会議場大ホールには、400インチのディスプレイが設置されており、試合を大画面で観戦できるほか、大会の様子はインターネットでも同時配信される予定だ。Jリーグの関係者やeスポーツ専門の実況者を呼んで、試合の実況や解説をしてもらう計画もある。

 また、ゲーム内で選手が着るユニホームを出場チーム独自のものにしたり、会場を鹿島アントラーズのホームであるカシマサッカースタジアムに設定できたりすれば、プレ大会をより盛り上げられると県側は期待している。

 県国体・障害者スポーツ大会局総務企画課の瀬谷尚男課長補佐は、「親子や企業でチームを組むなどしてさまざまな人に参加してほしい。見ているだけで面白い大会を目指したい」と意気込んでいる。茨城国体公式ホームページはこちら。(17日から申し込み開始)

【あわせて読みたい】
日本代表3選手が本戦進出へ…アジア大会「eスポーツ」
日テレが「eスポーツ」チーム創立へ…地上波で専門番組も
国内唯一のeスポーツ団体として/浜村弘一・JeSU副会長インタビュー

32081 0 トピックス 2018/07/13 18:00:00 2018/07/13 18:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180713-OYT8I50053-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ