文字サイズ
    ちょっと気になるニュース、インターネットやSNSで話題のトピックス……。世の中の「今」をお届けします。
    eスポーツ

    日本とサウジ、eスポーツの国際親善試合の開催を決定~2019年1月

    • 調印を済ませ笑顔を見せるファイサル王子(左)と岡村会長(16日、東京都港区で)
      調印を済ませ笑顔を見せるファイサル王子(左)と岡村会長(16日、東京都港区で)

     日本とサウジアラビアでeスポーツの国際親善試合を開催するため、日本eスポーツ連合(JeSU)は16日、サウジアラビアeスポーツ連盟との調印式を電通ホール(東京都港区)で行った。

     試合は2019年1月18、19日にサウジで、26、27日に日本で行われる。種目は「ウイニングイレブン2019」(サッカーゲーム)、「鉄拳7」(格闘ゲーム)、「ストリートファイター5アーケードエディション」(格闘ゲーム)の3タイトルで、他のタイトルの採用も検討している。賞金総額は3000万円で、日本代表の選考方法は後日発表する予定だ。

     親善試合はサウジが日本に提案した。石油資源を軸とした経済からの脱却を目指すサウジは昨年3月、日本との協力文書「日・サウジ・ビジョン2030」を発表。インフラや娯楽産業など9分野でさまざまな協力を行う方針を打ち立てており、eスポーツの親善試合はその一環として行われる。

     調印式にはJeSUの岡村秀樹会長と、サウジアラビアeスポーツ連盟会長のファイサル・ビン・バンダル・アール・サウード王子が出席。ファイサル王子は「両国のeスポーツ文化を向上させるための第一歩であり、eスポーツで国同士が協力できることを、世界中に示す大会にしたい」と喜びを語った。

     サウジでもeスポーツは盛んで、ファイサル王子によると、今回採用される3タイトルの人気も同国内で高いという。岡村会長は「サウジアラビアは中東諸国にeスポーツを根付かせようと努力している。ゆくゆくは、アジアや中東の国々が参加する大規模な大会を開きたい」と意気込んでいる。

    2018年08月16日 18時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP