<速報> 仙谷由人・元衆院議員が死去…民主党政権で官房長官
    文字サイズ
    ちょっと気になるニュース、インターネットやSNSで話題のトピックス……。世の中の「今」をお届けします。
    eスポーツ

    東京ゲームショウ開幕~「eスポーツ」に注目

     日本最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ2018」が20日、幕張メッセ(千葉県美浜区)で開幕した。今回は対戦型ゲームで腕を競い合う「eスポーツ」のコーナーが注目を集めている。

    親善試合に凱旋報告会~世界に羽ばたく日本人ゲーマー

    • 凱旋報告会で笑顔を見せる杉村選手、相原選手、赤坂選手(左から)
      凱旋報告会で笑顔を見せる杉村選手、相原選手、赤坂選手(左から)

     会場には約600人が座れる観客席を設けた特設ステージが二つ設置され、22~23日の一般公開日には、サッカーゲーム「ウイニングイレブン」やパズルゲーム「ぷよぷよ」など8タイトルの大会が開催される。各タイトルの優勝者には100万円超の賞金や、国際大会への出場権などが与えられる。大会の様子は展示会の公式サイトなどで生配信される予定だ。

     20日は、8月から9月にかけてインドネシア・ジャカルタで開かれたアジア競技大会に出場した、eスポーツ日本代表選手の凱旋報告会が行われた。「ウイニングイレブン」で金メダルを獲得した杉村直紀選手と相原翼選手、カードゲーム「ハースストーン」に出場した赤坂哲郎の3人が登場し、大舞台の緊張感を語った。

     杉村選手は「(決勝で戦った)イランの戦術が独特で、対応するのに苦労した」、赤坂選手は「普段出る大会より会場の規模が大きく、とても興奮した」と振り返った。相原選手は選手村での生活に触れ、「シャワールームの扉が開かなくなって、中に10分ほど閉じ込められてしまった」とのハプニングも披露。「これからたくさん大会に出て、安定した成績を残せるプレイヤーになりたい」と決意を語った。

    • オランダ人選手たち(左)とサッカーのeスポーツ対決をする日本人選手たち(手前)(20日午後3時25分、千葉市の幕張メッセで=奥西義和撮影)
      オランダ人選手たち(左)とサッカーのeスポーツ対決をする日本人選手たち(手前)(20日午後3時25分、千葉市の幕張メッセで=奥西義和撮影)

     凱旋報告会の後には、日本とオランダの代表選手2人ずつによる国際親善試合が行われた。タイトルはサッカーゲーム「FIFA18」で、3試合して2勝したチームが勝利だ。日本代表として、日本人初のFIFAプロプレイヤーのかーる選手と、「e J.LEAGUE」初代王者のfantom選手が出場した。日本代表はかーる選手が1戦目を先取するも、2戦目の団体戦、3戦目のfantom選手が敗れ、1-2で敗北。fantom選手は「(オランダの選手相手に)何もできなかったが、得るものがたくさんあった」と清々しそうに語った。

     日本eスポーツ連合(JeSU)の岡村秀樹会長は「このステージは、日本のeスポーツにとって飛躍の舞台になる。日本の優秀な選手を、どんどん世界の舞台に送り込みたい」と語った。

    専用の椅子やマッサージも

    • eスポーツ専用の椅子「ゲーミングチェア」
      eスポーツ専用の椅子「ゲーミングチェア」

     今年のゲームショウでは、eスポーツに関連する展示が多く目立った。

     eスポーツ専用の椅子「ゲーミングチェア」のブースでは、多くの人が座り心地を試していた。ゲーミングチェアはレーシングシートを参考に設計されており、長時間同じ姿勢をすることによる肩や腰への負担が軽減される。多くのプロゲーマーが愛用しており、親善試合でも使われていた。試しに座ってみたところ、体全体がすっぽりと包みこまれ、前のめりになったり、後ろにもたれかかったりしても、自然と楽な姿勢を取ることができた。ゲーミングチェアメーカー「DXRacer」の担当者は「eスポーツだけでなく、長時間のデスクワークにも適した椅子になっている。ゲーマー以外の方もぜひ一度座ってほしい」と語った。

     eスポーツステージの近くには「ゲーマー眼精疲労ケア」と掲げられたブースが用意されており、目の疲れを取るマッサージ体験を行っていた。ブースを出展していた「E-Sports Medical Support」(ESMS)の新倉駿さんは「目の周りはもちろん、眼球につながるとされる首の筋肉や、指のつぼを刺激することで疲れが取れる」と話す。新倉さんのマッサージを15分ほど受けたが、パソコン疲れで凝り固まった目の筋肉が楽になった気がした。

     また、パズルゲーム「ぷよぷよ」のプロゲーマーと対戦できるブースもあり、来場者がプロを相手に奮闘していた。幼い頃にぷよぷよを楽しんだ筆者は、プロゲーマーのTemaさんに挑戦。試合序盤はかすかに勝利の可能性を感じる展開となったが、あっけなく逆転され、あっさり敗北。プロの強さを突き付けられる結果となった。

    出展企業数は過去最多

     出展企業・団体数は668社と過去最多。一般公開日は22~23日で、主催者は延べ25万人の来場を見込んでいる。

    2018年09月20日 19時45分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP