文字サイズ
    ちょっと気になるニュース、インターネットやSNSで話題のトピックス……。世の中の「今」をお届けします。
    スポーツ

    モンスター井上尚弥、ボクシングの「天下一武道会」で70秒KO勝利

     「モンスター」の異名さえ、控えめに響く。世界ボクシング協会(WBA)バンタム級(53.5キロ以下)チャンピオンの井上尚弥(25)(大橋ジム)が7日、王座の初防衛に成功した。元世界王者のフアン・カルロス・パヤノ(34)(ドミニカ共和国)を相手に、わずか開始70秒でKO勝ち。バンタム級の世界的強豪が全員出場していると言っていい大会「WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)」の初戦で、世界戦での日本人KO勝利の史上最速記録を樹立した。(敬称略、メディア局編集部・込山駿)

    「バッチリ合った」理詰めの2発

    • わずか70秒、大一番でKO勝ちした井上(右)
      わずか70秒、大一番でKO勝ちした井上(右)

     パンチを食らった次の瞬間、パヤノの体が力を失い、スローモーションのようにひっくり返った。

     横浜アリーナを埋めた1万人の観衆がどよめき、総立ちになる。レフェリーが10カウントを数えると、井上はコーナーに上ってガッツポーズし、「ナオヤ、ナオヤ!」の大合唱を浴びた。「WBSS初戦、最高の勝ちでスタートを切れました!」。リング上で声を張り上げた。

     出合い頭の一撃――と片付けるのは間違っている。狙い澄ました理詰めの速攻だった。

     井上は開始ゴングからの約1分間を、軽い左ジャブを出して間合いを確認することに充てた。「パヤノとの距離感を、完全にではないけど大体、見切った」ところで鋭く踏み込み、この試合の最初で最後となる攻勢を仕掛けた。

     1発目は、左ジャブを相手ガードの内側から、右顔面にねじ込む。のけぞった相手の死角を突く軌道で、2発目も同じ右顔面に右ストレートを突き刺した。スロー再生映像で見直すと、パヤノの顔がグニャリとゆがんで見えるほど、強烈な一撃だった。

     井上は「ずっと練習してきたパンチ。バッチリとタイミングが合って、手応えがものすごく拳に伝わった。倒れ方からも、かなり効いているとわかったので、試合は終わったと思った」と振り返る。パヤノは「井上が強かった。油断したわけではないが、パンチが入ってしまった。速くて見えなかった」と脱帽するしかなかった。

    くせ者パヤノ粉砕、記録ずくしの速攻

    • 試合2日前の調印式で、井上(右)と並んだパヤノ。「最高のコンディションを作った」と自信を語っていた
      試合2日前の調印式で、井上(右)と並んだパヤノ。「最高のコンディションを作った」と自信を語っていた

     こういう試合では、どうしてもパヤノが弱いボクサーに見えてしまうが、そんなことはない。本場の米国を拠点に、井上戦前まで20勝(9KO)1敗の戦績を積み上げてきた元WBAスーパー王者で、王座防衛にも1度成功している。アマチュア時代も400戦以上の戦績を積み、2004年アテネ五輪と08年北京五輪に出場した経験もある。老練なテクニックを備え、ラフな打ち合いも得意な、くせ者タイプのサウスポーだ。

     試合前は、井上も「油断できる相手じゃない。力を試される試合になる」と覚悟していた。そんな相手が持ち味を発揮する前に、あっさり仕留めた。1980年代、全盛期のマイク・タイソンがヘビー級で、並み居る強豪を次々と秒殺KOで仕留めていた姿を思い出させる。手がつけられない軽量級のモンスターだ。

     KOタイムは1分10秒と発表された。日本人ボクサーの世界戦KO勝利としては、1992年にスーパーライト級(63.5キロ以下)の平仲明信がメキシコで記録した1分32秒を塗り替える最速記録だ。さらに世界戦7試合連続KO勝ち、計11戦KO勝ちと、日本記録ずくしの勝利となった。通算戦績は17戦全勝(15KO)に伸ばした。

    王座乱立時代の最強決定戦

    • 試合9日前の公開練習でパンチを決める井上。気迫の充実を感じさせる調整ぶりだった
      試合9日前の公開練習でパンチを決める井上。気迫の充実を感じさせる調整ぶりだった

     この試合は、世界的な実力派ボクサー8人によるトーナメント戦「WBSS」のバンタム級開幕戦だった。試合前、井上はWBSSを、人気漫画「ドラゴンボール」で腕自慢の武道家が集結する大会になぞらえて「『天下一武道会』みたい」と表現していた。英国の実力派王者ジェイミー・マクドネルと顔を合わせた前戦、20年間ダウンがなかったアルゼンチンの王者に挑んだ4年前のオマール・ナルバエス戦など、実績や名声のある相手との世界戦をこなし、それぞれ1回TKOと2回KOでベルト奪取に成功してきた井上。そんな経験を持つ大物にとっても、WBSSは胸が高鳴る檜舞台なのだ。

     背景を説明しよう。

     プロボクシング界では、体重別の計17階級にWBA、WBC、IBF、WBOという主要4団体が、それぞれチャンピオンを認定している。「その階級で誰が一番強いのかはっきりしない。王座の価値も低下している」という批判は、通奏低音のようにある。それでも王座乱立の時代が続いてきたのは、この競技の性質と密接な関係がある。

     鍛え抜いてきたパンチを打ち合い、減量も過酷。心身の消耗を考えれば、1人のボクサーがこなせる試合ペースは、数か月に1度が精いっぱいだ。反面、試合数はすなわち選手が知名度を得る機会の数であり、選手や興業主が収入を手にするビジネスチャンスの数でもある。ボクシングをプロ競技として盛り上げていこうとするなら、世界チャンピオンが何人もいて、世界のあちこちで数多くのタイトルマッチが実施されていなければ、ハイペースで試合を開催できる球技などに全く対抗できないという実情がある。

     世界的プロモーター・帝拳の本田明彦会長は、言葉に実感を込める。「競技熱の高いメキシコあたりには、日本で根強い『王者は各階級に一人であるべき』という理想論を唱えるボクシング関係者は少ない。『チャンピオンベルトのかかった試合なんて、多いほど楽しくていいに決まっているさ』という関係者がほとんど」。王座の認定団体は、今後も増える可能性こそあれ、減って統一されるようなことはなさそうだ。

     そんな時代に、階級最強の座を争う機会を設けることが、WBSSの趣旨だ。各団体の王者や元王者らを集めて、米独のプロモーター(興行主)が昨年、欧州を拠点に始めた8選手による勝ち抜き戦。昨年から今年にかけての「シーズン1」はクルーザー級(90.7キロ以下)とスーパーミドル級(76.2キロ以下)で行われた。今年から来年の「シーズン2」はバンタム級(53.5キロ以下)、スーパーライト級(63.5キロ以下)など3階級で実施される。

     優勝者には、偉大な元ヘビー級王者の名を冠した「モハメド・アリ・トロフィー」が与えられる。バンタム級は、王座が空位のWBCを除く主要3団体の王者4人(WBAは井上に加えて、イギリスのライアン・バーネットも王者と認定している)が出場しており、優勝者は3団体統一王者となる可能性が高い。優勝賞金は1億円を超える見通し。試合の中継映像は、世界中にインターネット配信される。「自分がボクシングファンの小学生だった頃、こんな大会があったらいいなと夢見たような大会」と語ったのは、井上の所属ジムを営む元世界王者の大橋秀行会長だ。

    「現代最強の強打者」2~3月アメリカで準決勝か

    • 試合後の記者会見で、身ぶりを交えてKOパンチを解説する井上。左端は大橋会長、右端は父の井上真吾トレーナー。背後のパネルはモハメド・アリ
      試合後の記者会見で、身ぶりを交えてKOパンチを解説する井上。左端は大橋会長、右端は父の井上真吾トレーナー。背後のパネルはモハメド・アリ

     井上はWBSSに「これまで以上に挑戦者のような気持ち。初めてのワクワク感がある」と、新たな意気込みで臨み、世界のボクシング界を震撼させた。大会前からバンタム級の優勝候補大本命とされ、海外ブックメーカーのオッズは「0.67倍」と2番手の「5.5倍」を大きく引き離していたが、その評価をさらに高めた。パヤノ戦に来日したWBSSのドイツ人プロモーターも「井上のパンチは爆弾だ。ゴロフキン、カネロ、ジョシュアなど、どの階級の強打者と比べても現代最強のハードパンチャーだ」と、興奮を隠さなかった。

     井上は次戦の準決勝で、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)-ジェイソン・モロニー(オーストラリア)の勝者と対戦する。関係者によると、アメリカで2月か3月に開催される見通し。間違いなく、世界のボクシングファンの視線をくぎ付けにするスーパーファイトとなる。

    2018年10月09日 17時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP