文字サイズ
    ちょっと気になるニュース、インターネットやSNSで話題のトピックス……。世の中の「今」をお届けします。
    スポーツ

    DAZNはボクシング中継の「黒船」か~村田諒太のタイトル戦、テレビさしおき生中継

     スター選手の大一番を、テレビは地上波もBSも生中継で放送できない。世界ボクシング協会(WBA)ミドル級チャンピオン村田諒太(32)(帝拳ジム)が、本場アメリカ・ラスベガスのリングに立つ2度目の防衛戦のことだ。現地時間で10月20日(土)の夜、日本時間では21日(日)の昼頃に行われる一戦は、インターネット動画配信のスポーツチャンネル「DAZN(ダゾーン)」が、テレビ局に代わって「独占生中継」する。ボクシング放送の主な担い手は今後、テレビからネットへと移行するのか。過渡期を告げるゴングが鳴り響いている。(読売新聞メディア局編集部・込山駿)

    • 試合の注目度は、やはり高い。10月11日、帝拳ジムに大勢の報道陣が集まった村田(左から2人目)の記者会見
      試合の注目度は、やはり高い。10月11日、帝拳ジムに大勢の報道陣が集まった村田(左から2人目)の記者会見

    「僕にとってもチャレンジング」とチャンピオン

     10月11日、東京・神楽坂の帝拳ジム。WBAから挑戦者に指名された強豪ロブ・ブラント(28)(アメリカ)との対決を控えた村田の記者会見が開かれた。スピードと手数で勝負の難敵を、持ち前の強打で倒しにいく展開が予想される中、村田は「100%の準備ができた。いい試合をして勝てれば、王者の立場を示せるし、本場アメリカでの知名度も上がる」と確かな自信をにじませた。

    • 帝拳ジムで練習中の村田。奥に試合の「独占生中継」を伝えるパネルが見える
      帝拳ジムで練習中の村田。奥に試合の「独占生中継」を伝えるパネルが見える

     そのうえで、試合の生中継が日本のファンに、テレビではなくネット動画で提供されることについてもコメントした。「僕にとっても、DAZNさんにとっても、チャレンジングな試み。やりがいを感じる」

     DAZNは、イギリスの巨大スポーツメディア企業「パフォーム」が2年前に開設したインターネット上の有料スポーツチャンネルだ。現在は日本、ドイツ、スイス、オーストリア、カナダ、イタリア、アメリカの7か国に拠点を置き、トップスポーツの試合映像を配信している。月額制の利用料は、日本では1750円(税別)。加入者は、サッカー、野球、テニス、格闘技などの130種類あまり年間計1万試合以上の映像を、いつでも何試合でも無制限に観戦できる。最初の1か月間は、無料体験加入となる。

     日本では、Jリーグと2017年シーズンから10年間の放送権契約を締結。約2100億円という巨大契約で「サッカー放送の世界に『黒船』が来た」と話題を呼び、DAZNの名はスポーツファンに知れ渡った。

     村田とは、世界王座を奪取した17年10月のアッサン・エンダム(フランス)戦直前にアンバサダー契約を結んだ。出演CMをつくり、今年4月の初防衛戦の録画配信などを手掛けてきたが、試合を生中継するのは今回のブラント戦が初めてだ。しかも、テレビ各局を抑えて独占配信できるとあって、DAZNの村田担当者は興奮を隠さない。「実力と人気を兼ね備えた村田選手の貴重な2度目の防衛戦、それもラスベガス開催を生中継できるのは、非常に光栄。我々にとっては、Jリーグとの契約に続く大きなステップで、さらに加入者を増やす起爆剤にしたい」。本場であり、挑戦者の母国でもある米国では、大手スポーツ専門局ESPNと連携して生中継するという。

    競技も救うか、巨額のファイトマネー

    • 得意の右ストレートでサンドバッグを揺らす
      得意の右ストレートでサンドバッグを揺らす

     プロボクシングでは、試合を中継するメディアが、プロモーター(興行主)に放送権料を支払う。プロモーターは、放送権料や入場料、グッズ販売などの収入を原資として、ボクサーのファイトマネーを拠出する。

     その仕組みは、今回の村田-ブラントでも変わらない。DAZNやESPNの支払う放送権料が高いほど、両選手が手にするファイトマネーも多額になる。そして、アメリカでは今、ケーブルテレビ大手のHBOが看板コンテンツの一つとしてきたボクシング中継から今年限りで撤退すると表明したため、後釜として放送権を握ろうとするネット配信事業者らが競争を過熱させている。こうした状況を踏まえて、ボクシングに詳しいフリーライターは推察する。「ラスベガス開催の世界戦で、一定の人気がある王者が得るファイトマネーの相場は1億円程度。今回の村田-ブラントでDAZNやESPNが支払った放送権料は、相場を大きく上回るはず。したがって、村田が手にするファイトマネーも数億円にのぼるだろう」

     ただし――。村田に、巨万の富への個人的な執着は感じられない。

     11日の記者会見では「DAZNさんとのチャレンジを通じて、ボクシング界のお金の回り方を変えたい」と語った。日本のプロボクサーたちが慢性的に貧しく、国内王者クラスでも副業なしには生活できなくなっていることを踏まえて、「現状を変える一手を打てれば」と力説した。試合をインターネットで有料配信するというビジネスの方法には、自身のみならずボクシング界全体の経済を上向かせ、競技を活性化する効果があるのかどうか。そこを、第一人者として見極めようという姿勢に見える。高額なファイトマネーには他のボクサーを励ます効果もあるのでは、と期待しているようでもある。

    縁深いフジテレビは録画、WOWOW静観

    • 2012年、五輪の金メダルを妻と喜ぶ。当時はプロ転向を否定していた
      2012年、五輪の金メダルを妻と喜ぶ。当時はプロ転向を否定していた
    • 17年10月、世界王座に就いたエンダム戦。両国国技館開催で、フジテレビが生中継していた
      17年10月、世界王座に就いたエンダム戦。両国国技館開催で、フジテレビが生中継していた

     記者会見には、村田の試合中継をテレビ地上波で手掛けてきたフジテレビのボクシング担当者の姿もあった。今回は生中継の権利を持たないながらも、映像やインタビューの収録は丁寧に実施していた。局の公式ホームページでは、ブラント戦の翌週末となる10月27日(土)の25時45分から1時間の放送枠で録画放送することが、18日付で発表された。

     2013年のプロデビュー前から、村田はフジテレビとの縁が深い。

     2012年のロンドン・オリンピックで金メダルを獲得した翌日の記者会見。村田は「五輪のメダルという、最もシビアで価値のあるものを追い続けた自分を誇りに思っている。プロに行こうという考えは持っていない」と明言していた。そんな村田を口説き落とし、プロ転向に導いたのが、関係者の話を総合すると、ボクシングに精通したフジテレビの経営幹部だった。

     村田には当時から妻子があり、しかも東洋大職員という安定した職場を離れなければプロ入りできない状況にあった。そんな村田のために、フジテレビは広告大手の電通と連携して強固なサポート体制を構築。電通はスポンサーを集めたばかりか、子会社の「所属アスリート」として迎え入れ、安定収入を保障した。「プロでやるからには、充実した練習環境とマッチメーク体制を得たい」として、村田は帝拳ジムを希望したが、これもフジテレビが段階を踏んで実現。プロ転向当初は、フジテレビと長く連携してきた別のジムに籍を置いたが、14年9月のデビュー5戦目前には帝拳へ円満に移籍させた。帝拳の本田明彦会長は「五輪の後、村田と直接会って話した。プロへの適性や可能性だけでなく、人柄の良さに驚いた。このボクサーのプロ生活には協力しなければ、と思わせるものを感じた」と振り返る。

     村田との関係は、BSの有料チャンネル「WOWOW(ワウワウ)」も深い。フジテレビが生中継した試合を録画で繰り返し放送し、海外遠征での試合については生中継も担ってきた。一流選手の熱戦を毎週紹介しているボクシング番組「エキサイトマッチ」のゲスト解説者としても、村田は常連出演者の一人だ。そんなWOWOWが、今回のブラント戦については「生でも録画でも放送予定がない」(広報部)という。

    昼の放送に放送権料は弾めないテレビ局

     両テレビ局を抑えて、DAZNがブラント戦を生中継することになった背景を、マッチメークの関係者は「生中継が日曜の昼になることが影響した」と分析する。休日の昼は、レジャーや家族サービスで出歩く人が多い。テレビ画面の前に人がいなくて高視聴率が見込めない時間帯の放送枠に、地上波テレビ局は高額な放送権料を出しにくい。「村田戦の生中継は、日本開催の試合はフジが最優先で、米国開催の場合はDAZNなどに譲るという了解が成立した。WOWOWは今回静観したが、村田が次戦以降にブラントよりも人気と知名度のある相手と対戦する時の放送権交渉では、譲らない姿勢だろう」

    お茶の間への浸透度は未知数

    • 必勝を期し、ファイティングポーズをとった
      必勝を期し、ファイティングポーズをとった

     さて、試合映像を有料配信するというDAZNの仕組みは、今回の村田-ブラントで、日本のボクシングファンにどこまで浸透するだろうか。

     WOWOWのボクシング担当者は「今は確かに、黒船が来たような空気がボクシング界に漂っているけど、DAZNの力は現時点で未知数。今回は、その辺を見極めたい」と話した。DAZNの力とは――。加入者数は、開設から約半年後の17年8月に「100万契約を突破」と発表されて以降、総数の発表がない。一方で、テレビに関する国の統計を見ると、日本の世帯数は5000万世帯以上で、その95%以上がカラーテレビを保有し、1世帯あたりの保有台数も2台を超える。DAZNがどれだけ加入者を急増させたとしても、お茶の間への普及度・浸透度でテレビと渡り合えるのは、きっとまだまだ先のことだ。

     村田も、決して楽観はしていない。「スポーツを見るのにお金を払うという感覚が、日本の社会には薄い。タダでテレビで見られて当たり前という文化になっている」という認識を示す。

     ブラント戦の結果次第で、村田にはミドル級最強の称号を争う強豪と対戦する道も開ける。元3団体王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)戦、ゴロフキンとの接戦を制して王座を奪ったサウル・アルバレス(メキシコ)戦……。そんなスーパーファイトが実現する時、試合を生中継する権利を得るのはDAZNか、テレビ局か、両者が共存する形か。それとも、さらなる別メディアが現れるのだろうか。

    2018年10月19日 11時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP