現在位置は です

「世界のレベル体感」在日3世・鄭大世デビュー

 ブラジル2─1北朝鮮(グループリーグG組=15日)──日本で生まれ育った在日3世、鄭大世(チョンテセ)がW杯にデビューした。

 試合前の国家斉唱では、感極まって涙。「やっとこの舞台に立てたと思うと感動した。サッカーを始めて、この時を想像していた」。それでも、試合に入るとルシオやフアンといった欧州で活躍するDFを相手に、臆することなく暴れ回り、果敢にドリブル突破やシュートを試みた。

 「スピードは通用したと思うが、(全体的には)まだまだ。でも、世界のレベルを体感し、自分の成長につながる」と手応えを感じ取ったようだった。

2010年6月16日11時09分  読売新聞)


現在位置は です


日程・結果
グループG(日本時間)
コートジボワール 6/15
0-0
ポルトガル
ブラジル 6/16
2-1
北朝鮮
ブラジル 6/21
3-1
コートジボワール
ポルトガル 6/21
7-0
北朝鮮
ポルトガル 6/25
0-0
ブラジル
北朝鮮 6/25
0-3
コートジボワール
順位 国名 勝点
1 ブラジル 7 2 1 0 5 2 +3
2 ポルトガル 5 1 2 0 7 0 +7
3 コートジボワール 4 1 1 1 4 3 +1
4 北朝鮮 0 0 0 3 1 12 -11
日本代表
  名前 所属 出場回数
GK 楢崎正剛 名古屋 4回目
川島永嗣 川崎
川口能活 磐田 4回目
DF 中沢佑二 横浜M 2回目
田中マルクス
闘莉王
名古屋
今野泰幸 F東京
岩政大樹 鹿島
駒野友一 磐田 2回目
長友佑都 F東京
内田篤人 鹿島
MF 中村俊輔 横浜M 2回目
遠藤保仁 G大阪 2回目
中村憲剛 川崎
稲本潤一 川崎 3回目
阿部勇樹 浦和
長谷部誠 ウォルフスブルク
本田圭佑 CSKA モスクワ
松井大輔 グルノーブル
FW 岡崎慎司 清水
玉田圭司 名古屋 2回目
大久保嘉人 神戸
森本貴幸 カターニア
矢野貴章 新潟