焼岳

最新情報を見るには再読込(更新)をして下さい。

概況

  • <噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
     焼岳では、7月27日以降、空振を伴う火山性地震がしばしば発生しています。活火山であることに留意し、今後の火山活動の推移に注意してください。

活動状況

 昨日(16日)22時24分、焼岳で空振を伴う火山性地震が発生しました。振幅は、山頂から南東へ1kmの南峰南東観測点の上下動で76マイクロメートル/秒で、7月27日以降に発生した空振を伴う最大の火山性地震(南峰南東観測点の上下動で113マイクロメートル/秒)よりも小さいものでした。この地震以外にも空振を伴う振幅の小さな火山性地震が16日に1回、17日09時までに2回発生しています。空振を伴う火山性地震の発生は9月5日以来です。
 焼岳では、7月27日以降、空振を伴う火山性地震がしばしば発生しています。山頂付近の噴気活動や地殻変動に現時点では活発化を示す変化は認められていませんが、これらの活動は、山頂付近の微小な地震活動が継続するなか発生していますので、今後の火山活動の推移に注意してください。

防災上の警戒事項等

 今後、火山活動が急変する可能性もありますので、登山する際は、火山活動の異変に注意するとともに、山頂付近では突発的に火山ガス等が噴出する可能性がありますので、ヘルメットを着用するなどの安全対策をした上で、噴気地帯にはとどまらないでください。

次回発表予定日時

 火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ