最新情報を見るには再読込(更新)をして下さい。

火山の状況に関する解説情報

発表

 警報・予報事項に変更のあった火山は以下の通りです。その他の火山では、警報・予報事項に変更はありません。
 吾妻山では、火口から概ね1.5kmの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなっていると判断したため、22日に噴火予報を発表し、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げました。その後、火山活動の活発化が再び認められたことから、5月9日(期間外)に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げました。
 阿蘇山では、今後、小規模な噴火が発生するおそれがあると判断したため、14日に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げました。
 草津白根山(本白根山)では、火口から概ね1kmの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなっていると判断したため、5日に噴火予報を発表し、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げました。
 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)では、えびの高原の硫黄山周辺に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなっていると判断したため、18日に噴火予報を発表し、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げました。
 霧島山(新燃岳)では、火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められなくなったと判断したため、5日に噴火予報を発表し、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)へ引き下げました。

北海道

東北

関東・中部

近畿・中国・四国

  • 三瓶山
  • 阿武火山群

沖縄

  • 硫黄鳥島
  • 西表島北北東海底火山

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ