米朝会談中止の可能性、北が言及…南北会談中止

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=中島健太郎、水野祥】北朝鮮は16日未明、同日に予定されていた南北閣僚級会談を中止すると一方的に韓国に通知した。

 韓国統一省が明らかにした。北朝鮮の朝鮮中央通信は同日、米韓空軍の定例合同訓練が韓国で実施されていることを会談中止の理由に挙げた。

 同通信によると、北朝鮮の金桂寛キムケグァン・第1外務次官は16日、米朝関係に関する談話を発表し、米国の対応によっては、6月12日の米朝首脳会談の一方的な中止の可能性に言及した。北朝鮮には、米朝首脳会談を前に米韓をけん制し、交渉を有利に進めようとする意図があるとみられる。

 同通信は16日未明に配信した「報道」で、米韓両空軍が11日に始めた合同訓練「マックス・サンダー」について、4月27日の南北首脳会談で署名された「板門店パンムンジョム宣言」に対する「露骨な挑戦」と非難した。

 同通信は米朝首脳会談にも触れ「米国も南当局(韓国)と行っている挑発的な軍事的騒動の局面をつくった」と指摘。「日程が定まった朝米首脳対面(会談)の運命を熟考すべきだ」と米国をけん制した。

 マックス・サンダーは米韓両軍が毎年実施している定例訓練で、今年は11日から25日までの予定。聯合ニュースによると、訓練には米軍の最新鋭ステルス戦闘機「F22」など約100機が参加する。

 南北閣僚級会談は韓国が提案、15日に北朝鮮が軍事境界線上の板門店での開催に同意し、南北のスポーツ交流や鉄道接続事業などを議論するとみられていた。

 一方、金氏は談話で米朝首脳会談に関し「我々を隅に追い込み、一方的に核放棄を強いるのなら、これ以上、対話に興味を持たない。首脳会談に応じるか再考せざるを得ない」と述べた。

21856 0 国際 2018/05/16 12:46:00 2018/05/16 12:46:00 2018/05/16 12:46:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ