トランプ氏「北朝鮮と世界にとって大きな後退」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=大木聖馬】トランプ米大統領は24日、ホワイトハウスで記者団に対し、6月12日にシンガポールで開催が予定されていた米朝首脳会談を中止する考えを表明した。

 これに先立ち、ホワイトハウスはトランプ氏が北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に宛てた書簡を公表した。

 対話による北朝鮮の核・ミサイル問題の解決の機運が高まっていた米朝関係は、重大な局面を迎えた。

 トランプ氏は会談中止について、「これは北朝鮮にとっても世界にとっても大きな後退だ」と記者団に述べた。マティス国防長官らと協議したことを明らかにし、「米軍は世界で最強だ。必要であれば、(軍事的措置の)準備はできている」と強調。一方で、「金正恩氏が対話を選ぶなら、私は待っている」とも語った。

 書簡では会談を中止した理由について、「残念ながら、一番最近の声明で示された、ものすごい怒りとむき出しの敵意に基づけば、この時期に長く準備されてきた首脳会談を行うことは適切ではないと感じている」と説明した。北朝鮮外務省の崔善姫(チェソンヒ)次官が24日、「米国が我々と会談場で会うか核対核の対決場で会うかは、米国の決心と行動にかかっている」との談話を発表したことなどが念頭にあるとみられる。

 トランプ氏は「あなた方は自らの核能力について言及しているが、我々の(核能力)は巨大で強力なので、決して使うことがないようにと神に祈っている」と指摘し、北朝鮮による核の威嚇を強くけん制した。会談中止について、「世界、そして中でも北朝鮮は、恒久的な平和と大いなる繁栄、富を得る大きな機会を逃してしまった」とした上で、「この機会が失われたことは、歴史上、本当に悲しい瞬間だ」と強調した。

 一方で、トランプ氏は「この(米朝間の)対話だけが重要となる」と指摘。北朝鮮の核・ミサイル問題を引き続き外交的に解決する姿勢を示し、「いつの日かあなたに会うことを非常に楽しみにしている」と期待感を示した。さらに、「この最も重要な首脳会談に関して気持ちを変えることがあれば、遠慮なく私に電話するか、書簡を送ってほしい」とも述べた。正恩氏に挑発的な言動を控えることで、対話の場に戻ってくるよう促したものとみられる。

 トランプ氏は、正恩氏が今月9日に米国人3人を解放したことについて「素晴らしい振る舞いだった」と謝意を伝え、北朝鮮側が首脳会談開催に向けて努力したことに一定の評価を示した。

 書簡は24日付。トランプ氏の直筆の署名が添えられた。

無断転載禁止
23305 0 国際 2018/05/25 01:38:00 2019/05/25 02:00:02 2019/05/25 02:00:02

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ