トランプ氏「北の核の脅威もはやない」書き込み

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【シンガポール=黒見周平、岡部雄二郎】トランプ米政権は12日の米朝首脳会談で北朝鮮が「完全な非核化」を約束したことを踏まえ、ポンペオ米国務長官と北朝鮮高官の協議を来週にも行い、非核化の工程表作りを急ぐ方針だ。一方、朝鮮中央通信は13日、米朝会談で朝鮮半島の非核化に向け、「段階別・同時行動原則」が重要との点で一致したと伝えた。

 今後の米朝協議では、非核化と、体制保証などの見返りの具体化が最大の焦点となりそうだ。

 13日朝(米東部時間)に帰国したトランプ米大統領はツイッターに「北朝鮮による核の脅威はもはやない」と書き込み、米朝首脳会談により、朝鮮半島の緊張は緩和されたと強調した。

 これに先立ち、トランプ氏は大統領専用機内で記者団に対し、北朝鮮の非核化を「強力に検証する」と語った。

 トランプ氏は12日の記者会見では、ポンペオ氏らに来週中、北朝鮮側と非核化の詳細を詰めさせる考えを示した。米朝会談から間を置かずに、非核化の時期や検証方法などを定めたい考えとみられる。

 ポンペオ氏は13日に韓国を訪れ、14日に日本の河野外相、韓国の康京和(カンギョンファ)外相と日米韓外相会談を行う。同日中に北京に移動し、中国の王毅(ワンイー)国務委員兼外相らとも会談する予定だ。北朝鮮との協議を前に、日中韓外相との会談で情報共有を図り、交渉方針をすり合わせる考えとみられる。

無断転載禁止
25819 0 国際 2018/06/13 23:05:00 2019/01/16 11:00:02 2019/01/16 11:00:02

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ