文字サイズ

    タイ洞窟、少年ら13人全員救出…遭難18日目

    • 10日、タイ北部チェンライで、洞窟からの救助者を乗せて病院に向かう救急車(AFP時事)
      10日、タイ北部チェンライで、洞窟からの救助者を乗せて病院に向かう救急車(AFP時事)

     【チェンライ(タイ北部)=杉目真吾、田中洋一郎】タイ北部チェンライのタムルアン洞窟に閉じ込められていた地元サッカークラブの少年らについて、タイ海軍は10日夜、最後の5人を無事救出したと発表した。遭難から18日目で13人全員が生還を果たした。

     少年らは6月23日、メンバーの誕生日を祝うために洞窟に入り、大雨による増水で出られなくなった。国外からの救難隊が多数参加する大規模な捜索の結果、7月2日に13人の生存が確認され、洞窟外への救出作業が進められていた。

     9日までに少年8人が救出され、洞窟内には少年4人と20歳代の男性コーチが残っていた。救助チームは天候などを考慮し、10日夕方に予定していた救出作業を午前10時に前倒しして再開していた。

    (ここまで322文字 / 残り241文字)
    2018年07月11日 01時17分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP