文字サイズ

    トランプ氏、NATO加盟国の国防費倍増を要求

    • 11日、ブリュッセルで、NATO首脳会議の開幕式典に臨むトランプ米大統領(前列右から2人目)と加盟国首脳ら=ロイター
      11日、ブリュッセルで、NATO首脳会議の開幕式典に臨むトランプ米大統領(前列右から2人目)と加盟国首脳ら=ロイター

     【ブリュッセル=黒見周平、横堀裕也】トランプ米大統領は11日、ブリュッセルで開かれている北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、加盟国が国内総生産(GDP)の2%を国防費に充てる共通目標について、4%に倍増するよう求めた。採択された首脳宣言では、国防支出の「2%目標」の達成を再確認したものの、米欧間の亀裂が改めて浮き彫りとなった。

     トランプ氏は11日の会議の終了後、ツイッターに「なぜ29の加盟国で約束を守っているのがわずか5か国だけなのか。米国は欧州の防衛費を払い、貿易では何十億ドルも損している」と書き込み、各国を非難した。

     NATO加盟国の国防費負担(対GDP比)は、2018年の推定値でトップの米国でも3・50%にすぎず、「4%目標」は極めて高い水準だ。トランプ氏には、18年推定値で1・24%にとどまるドイツなどへの強い不満があるとみられる。

    (ここまで378文字 / 残り191文字)
    2018年07月12日 11時46分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP