「ウラン秘密施設を稼働」米国務長官、北を追及

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ポンペオ米国務長官が今月6~7日に訪朝して北朝鮮の金英哲キムヨンチョル朝鮮労働党副委員長と会談した際、「秘密のウラン濃縮施設を稼働させている」と述べ、北朝鮮を追及していたことがわかった。複数の日米韓協議筋が本紙に明らかにした。米国は、北朝鮮が非核化の意思を表明しながら、逆行する活動を陰で進めているとの疑念を強めているとみられる。

 プルトニウムとともに核爆弾の原料となる高濃縮ウランの生産をめぐっては、米専門家に2010年に公開された北西部寧辺ヨンビョンの施設以外は実態が不明だ。北朝鮮が非核化に着手しても申告、検証段階で秘密施設が問題となる可能性がある。ポンペオ氏はさらに「濃縮ウランの生産を増やしている。核施設と核弾頭を隠蔽いんぺいしている。(北東部の咸鏡南道ハムギョンナムド咸興ハムフンでミサイル工場の拡張工事中との情報があるが、米朝関係にとって良いことではない」とただした。

 金英哲氏は「全て事実ではない。我々は隠蔽したり、(秘密のウラン濃縮施設を)稼働させたりしたこともない。咸興のミサイル工場で行われているのは、拡張工事ではなく梅雨に備えた工事だ」と反論し、全面否定したという。北朝鮮外務省報道官は7日、会談での米国の態度は「遺憾極まりない」と非難する談話を発表している。米専門家の間では、北朝鮮には、寧辺以外に一つか二つの秘密のウラン濃縮施設があるとの見方が有力だ。

 米紙ワシントン・ポストは6月30日、米情報当局が10年に「カンソン」という名のウラン濃縮施設の存在を突き止め、寧辺のウラン濃縮施設の倍の能力を持つとみていると報じている。カンソンの詳細は不明だが、平壌近郊の平安南道ピョンアンナムド南浦ナムポ市近隣の地名または施設名との見方がある。ポンペオ氏はこれまでの諜報ちょうほう活動を基に、特定の施設について追及した可能性がある。

 ポンペオ氏は会談で、米国の忍耐には限りがあるとして非核化措置の早期着手を迫った。金英哲氏は、非核化の意思を改めて強調しつつも非核化の工程表は提出せず、朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言の早期発表を求めたという。

 ポンペオ氏は訪朝後、トランプ米大統領に結果を報告した。トランプ氏は、このまま米朝交渉を続けるか、圧力を強めるべきか意見を求め、ポンペオ氏は、判断にはもうしばらく時間が必要との認識を示したという。

無断転載禁止
32301 0 国際 2018/07/16 09:24:00 2018/07/16 09:24:00 2018/07/16 09:24:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180716-OYT1I50012-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ