米中間選まで1か月…民主勢い・共和は巻き返し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=黒見周平】トランプ米大統領の今後の政権運営に大きな影響を与える米中間選挙は、11月6日の投開票まで今月6日で残り1か月となる。世論調査では、民主党がトランプ氏への反発を追い風に下院で過半数を得そうな勢いだが、トランプ氏は支持層を固め、2016年大統領選の逆転勝利を再現しようと巻き返しを図っている。

 「中間選挙は私への国民投票でもある。民主党が勝てば、この国は八方塞がりになる」

 トランプ氏は2日夜、南部ミシシッピ州の集会でこう強調した。最近は頻繁に遊説に出向き、好調な経済を自らの政策的な成果だとアピールする一方、民主党への攻撃を強めている。

 政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」は4日現在、定数435議席(現有=共和235、民主193、欠員7)を争う下院で、優勢の選挙区を民主206、共和189、接戦40と予想している。民主が過半数の218に迫る勢いで、徐々にリードを広げている。

無断転載禁止
43202 0 国際 2018/10/04 23:04:00 2018/10/04 23:04:00 2018/10/04 23:04:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ