トランプ政権に痛手、予算伴う政策は困難に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「米中間選挙」まとめ・解説はこちら
6日、ニューヨークで、民主党のオカシオコルテス氏の勝利を喜ぶ支持者たち(ロイター)
6日、ニューヨークで、民主党のオカシオコルテス氏の勝利を喜ぶ支持者たち(ロイター)
6日夜、米コネティカット州の集会で、下院選候補者の勝利を喜ぶ民主党支持者(ロイター)
6日夜、米コネティカット州の集会で、下院選候補者の勝利を喜ぶ民主党支持者(ロイター)

 【ワシントン=黒見周平】トランプ米政権に対する初の審判となった米中間選挙は6日、投開票が行われ、下院では野党・民主党が8年ぶりに過半数を奪還した。トランプ大統領は今後、「米国第一」主義に基づく政策の推進が難しくなるほか、政権のロシア疑惑への追及が激しくなることが予想され、政権運営には痛手となりそうだ。上院では与党・共和党が過半数を維持した。

 米議会は、新議員の任期が始まる来年1月以降、上下両院で多数派が異なる「ねじれ」が生じる。トランプ共和党は、予算案や法案の可決には民主党議員の協力が不可欠で、トランプ氏は予算や法律改正が必要な政策の遂行は困難になる。

 下院議長に再登板する可能性がある民主党のナンシー・ペロシ下院院内総務は6日夜の演説で、「トランプ政権に対する議会のチェック機能を取り戻す」と強調した。トランプ氏が公約に掲げる南部メキシコ国境への壁建設や医療保険制度「オバマケア」廃止などは、徹底して実現を阻止する構えだ。

 また、民主党は下院で、2016年大統領選でのトランプ氏の陣営を巡るロシア疑惑の追及を強める方針だ。刑事手続きの起訴にあたる「弾劾だんがい訴追」を念頭に、主導権を握る下院の委員会で、トランプ氏の元側近らの喚問を行っていくとみられる。

 トランプ氏は7日、「民主党が下院で我々を調査し、税金を無駄遣いするのなら、我々は上院で民主党による機密漏えいの調査を検討せざるを得ない」とツイッターに書き込んだ。来年以降、トランプ氏と民主党の対立が激化するのは必至だ。

 一方、トランプ氏は20年大統領選での再選を見据え、「米国第一」の旗を降ろす可能性は低いとの見方が強い。今後は、移民対策などで大統領令を活用した政策実現を目指すほか、外交や通商政策で公約実現の姿勢をアピールする可能性がある。

 米CNNテレビによると、米東部時間7日午前10時30分(日本時間8日午前0時30分)現在、定数435の全議席が改選された下院は、民主党が過半数(218)を超える222議席を確保した。共和党は199議席にとどまっている。

 定数100のうち35議席を争った上院選では、共和党が9議席を獲得。42の非改選議席と合わせて51議席となり、上院議長を兼ねる副大統領の1票を加えれば議決権を握ることができる50議席を上回った。民主党は共和党を上回る22議席を固めたが、改選前議席の49を上回ることはできなかった。

 36州で争われた知事選では日本時間8日午前0時30分現在で、共和党が18州、民主党が15州で当選を確実にした。

 選挙戦では、トランプ政治の是非が最大の争点となった。トランプ氏は好調な経済・雇用状況の維持を訴え、中米からの移民集団が米国入国を目指している問題で国境への米軍派遣を決めるなど、保守層の支持固めを図った。民主党は反トランプ票を狙って過去最多の女性候補を擁立し、人口の多い都市部や郊外で票を大きく伸ばした。

無断転載禁止
48454 0 国際 2018/11/08 00:37:00 2018/11/08 00:37:00 2018/11/08 00:37:00 Supporters of Democratic congressional candidate Alexandria Ocasio-Cortez celebrate her victory at her midterm election night party in New York City, U.S. November 6, 2018. REUTERS/Andrew Kelly https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181107-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ