文字サイズ

    移民集団の難民申請、制限へ…トランプ政権

    • 8日、メキシコの首都メキシコ市で、米国を目指して歩く中米の移民集団(AP)
      8日、メキシコの首都メキシコ市で、米国を目指して歩く中米の移民集団(AP)

     【ワシントン=黒見周平】トランプ米政権は8日、中米の移民集団が米国に向かっている問題で、合法的な国境検問所などを通らずに入国した不法入国者が難民申請した場合、事実上、拒否する方針を発表した。トランプ大統領は9日、非常権限の行使を宣言する大統領声明を出す見通しだ。中間選挙で移民・難民の受け入れに寛容な民主党が下院多数を占めたことを受け、自らの強硬な立場を保守層にアピールする狙いがあるとみられる。

     ニールセン米国土安全保障長官とウィテカー司法長官代行は8日、「大統領による入国制限に違反した外国人は、難民資格を認めない」との共同声明を出した。

     米政府高官によると、難民申請は国境検問所などの合法的な入国地点に限定し、それ以外の場所での不法入国者は受け付けない方針だ。検問所などでの難民申請も審査を厳格に行い、移民集団の入国を阻止することを想定しているとみられる。

    (ここまで382文字 / 残り332文字)
    2018年11月09日 12時45分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP