文字サイズ

    ファーウェイ創業者の娘、カナダで身柄拘束

     【ニューヨーク=有光裕】カナダの警察当局は5日、中国の通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の孟晩舟モンワンジョウ・最高財務責任者(CFO)の身柄を、カナダ西部バンクーバーで拘束したと発表した。米国からの身柄引き渡し要請に基づく措置で、米国のイラン制裁法に違反した疑いがあるという。

     今回の拘束に中国は強く反発しており、米中対立の新たな火種になる可能性がある。

     孟氏は、ファーウェイの創業者である任正非レンジョンフェイ・最高経営責任者(CEO)の娘で、1日に拘束された。現地の裁判所で7日に審理が行われる。

     カナダ紙グローブ・アンド・メール(電子版)によると、米司法当局は2016年から、米国製品としてファーウェイがイランに出荷した貨物を捜査していたという。トランプ米政権は、安全保障の観点から、ファーウェイなど中国メーカーの通信機器を米国から排除する動きを強めている。

    (ここまで391文字 / 残り175文字)
    2018年12月06日 13時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP