文字サイズ

    文大統領、支持率低迷を意識か…徴用工問題

     【ソウル=豊浦潤一】韓国の文在寅ムンジェイン大統領が10日の記者会見で、徴用工問題について解決に時間をかける姿勢を示したのは、低迷する政権支持率を意識しているためとみられる。世論の反発を受けずに解決策を発表するタイミングを見定める狙いだ。

     徴用工問題をめぐっては、李洛淵イナギョン首相を中心に解決策が検討されてきた。韓国政府関係者によると、元徴用工への補償を韓国政府が負担する案が昨年末までに浮上した。外交省は、解決策を早期に発表して日韓関係の改善を急ぐべきだと主張してきた。

     ただ、日本企業に賠償金を支払わせる大法院判決の趣旨とは異なるため国内世論の反発が予想される。文政権の支持率は昨年12月18~20日時点で45%と政権発足以来最低となった。このため年明け以降、大統領府や与党「共に民主党」は、発表時期を遅らせる方向に傾いたという。

    (ここまで374文字 / 残り146文字)
    2019年01月11日 09時13分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP