解放求めるカナダ「白人至上主義」…中国が非難

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=橋本潤也】中国の盧沙野・駐カナダ大使は9日、カナダのヒル・タイムズ紙(電子版)に寄稿し、中国が昨年12月に拘束したカナダ人男性2人の解放を求めるカナダや米国を「西洋至上主義」「白人至上主義」と非難した。

 拘束中のカナダ人には「中国の安全を脅かす活動」を行った容疑がかけられており、拘束には正当な理由があるとも訴えた。

 「なぜ二重基準なのか」と題された寄稿は、中国通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)の孟晩舟モンワンジョウ・最高財務責任者(CFO)がカナダで拘束されたことにも触れ、「(孟氏は)いかなるカナダの法律も違反していない」と強調した。

 その上で「カナダ人が自国民を心配するのは理解できるが、違法に拘束され、自由を奪われた孟氏に何の懸念も同情も示さないのか」と疑問を呈した。

18863 0 国際 2019/01/11 17:47:00 2019/01/21 12:04:16 2019/01/21 12:04:16

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ