文字サイズ

    スタッフの忖度で…豪首相「フェイクシューズ」

    • 豪首相府ホームページに掲載されたモリソン氏の家族写真。上が加工後、下が加工前(ロイター)
      豪首相府ホームページに掲載されたモリソン氏の家族写真。上が加工後、下が加工前(ロイター)

     【ジャカルタ=一言剛之】首相の靴がヘン――。オーストラリアのモリソン首相(50)の公式ホームページの家族写真で、普段着でくつろぐ首相の右足の靴がどう見ても左足用だった。古びたスニーカーの写真写りを気にしたスタッフが、真っ白の新品に見えるよう画像に手を入れた際のミスだったようだ。

     インターネットで、「フェイクシューズだ」と騒ぎになると、写真は慌てて加工前のものに差し替えられた。首相は9日、スタッフにあててツイッターに「靴磨きは頼んでいないし、どうしても画像加工するなら、足元でなく薄くなった髪をどうにかして」と自虐ネタを投稿した。

    2019年01月11日 21時52分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP