ファーウェイ勤務の中国人ら、ポーランドで逮捕

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ベルリン=石崎伸生】ポーランド通信などは11日、ポーランド情報当局が、中国通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)のポーランド法人に勤める中国人の男と、通信会社勤務のポーランド人の男の計2人について、スパイ活動を行っていた疑いで逮捕したと報じた。

 当局は、国内にあるファーウェイの事務所やポーランド人の男が勤める通信会社の捜索を行ったという。ポーランド人の男はかつて、情報当局の幹部だったとの情報もある。有罪の場合、最高で禁錮10年となる。

 ファーウェイを巡っては、カナダ当局が昨年12月に米国の要請に基づき孟晩舟モンワンジョウ・最高財務責任者(CFO)の身柄を拘束し、中国側もカナダ人を拘束する事態となっている。

19022 0 国際 2019/01/11 22:30:00 2019/01/21 12:04:10 2019/01/21 12:04:10

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ