文字サイズ

    米に怒り「戦争のまっただ中にいる」中露へ接近

    • 10日、カラカスの最高裁で行われた就任式で宣誓するマドゥロ大統領(ロイター)
      10日、カラカスの最高裁で行われた就任式で宣誓するマドゥロ大統領(ロイター)

     【リオデジャネイロ=田口直樹】独裁色を強める南米ベネズエラのマドゥロ大統領が10日、2期目(2019~25年)をスタートさせた。米国などによる非難に反発し、中国やロシアと関係強化を図る中、深刻な経済危機を改善できる見通しは立たない。国外に脱出する国民が増えるなど混乱が広がっている。

    米国に怒り

     「ベネズエラは米国などの帝国主義によって仕掛けられた戦争のまっただ中にいる」。マドゥロ氏は10日、首都カラカスの最高裁判所で行われた就任式で演説し、米国などへの怒りをあらわにした。

     マドゥロ氏は昨年5月、有力な野党候補を事実上排除した形で行われた大統領選で再選された。米国や南米の周辺国は選挙の不正を指摘し、強権的なマドゥロ氏の2期目就任を認めていない。

     米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は10日、ツイッターに「腐敗した政権への圧力を強め続ける」と書き込んだ。米国は8日にベネズエラ政府の元高官らを対象とする追加の経済制裁を発動している。

     米国や中南米諸国が加盟する米州機構(OAS)も10日、マドゥロ政権の正当性を認めない決議を賛成多数で採択し、パラグアイは外交関係の断絶を発表した。ペルーもマドゥロ氏や政権幹部ら100人の入国禁止措置を明らかにした。

    中露に接近

     米国などとの対決姿勢を強めるベネズエラが接近しているのがロシアと中国だ。

     ロシアとは昨年12月、核兵器搭載可能な爆撃機を使った合同演習を実施。マドゥロ氏はモスクワでのプーチン大統領との会談で、金融や石油などの分野での協力拡大で合意している。

    (ここまで658文字 / 残り501文字)
    2019年01月12日 08時13分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP