仏デモ9週連続、収束の兆し見えず…参加者増

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【パリ=作田総輝】フランス各地で12日、マクロン政権に対する抗議デモが行われた。昨年11月から毎週土曜日に行われているデモは、今回で9週連続となった。AFP通信によると、参加者数は前週の約5万人を上回る約8万4000人で、2週連続で増加した。

 パリの凱旋がいせん門ではデモ参加者と治安部隊の小競り合いがあり、催涙弾が使われた。マクロン政権は7日、無届けデモへの罰則を強化する方針を打ち出したが、収束の兆しは見えていない。

19509 0 国際 2019/01/13 18:28:00 2019/01/21 12:14:27 2019/01/21 12:14:27

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ