トランプ氏の姿勢一変、トルコ大統領が譲歩か

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】米ホワイトハウスは14日、トランプ大統領がトルコのエルドアン大統領と電話会談し、シリアからの米軍撤退で必要となる両国の協力体制について協議したと発表した。トランプ氏はトルコに対し、米軍が支援してきたシリアの少数派クルド人武装勢力を攻撃しないよう要請した。

 トランプ氏は14日のツイッターで、20マイル(約32キロ・メートル)の安全地帯をシリアに設けることをエルドアン氏に提案したと明らかにした。さらに、「大きな可能性を持つ米トルコ間の経済発展についても話した」と説明した。

 トランプ氏は13日のツイッターでは、「トルコがクルド人勢力を攻撃したら、経済的に破滅させる」と警告していたが、姿勢を一変させた。クルド人勢力をテロ組織とみなし、掃討の構えを見せてきたエルドアン氏が、何らかの譲歩を示した可能性がある。トランプ氏も、米軍撤退を巡る混乱をトルコの協力で回避したい考えのため、決定的な決裂を避ける方策を探ったとみられる。

19952 0 国際 2019/01/15 10:32:00 2019/01/21 12:22:55 2019/01/21 12:22:55

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ