韓国国防白書「北は敵」「日本と価値共有」削除

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=岡部雄二郎】韓国国防省は15日、2018年版の国防白書を公表した。日本との安全保障協力を巡る記述では、日韓が「基本的価値を共有している」との従来の表現が削除された。最近の日韓関係の冷え込みが反映された結果とみられる。

 国防白書は2年ごとに発行され、文在寅ムンジェイン政権では初めてだ。16年の前回白書は、日韓が「自由民主主義と市場経済の基本的価値を共有している」と説明していたが、今回は「地理的、文化的に近い隣国」などと表現するにとどめた。

 北朝鮮については、大量破壊兵器を脅威と指摘する一方、これまで用いてきた「我々の敵」との記述を削除した。北朝鮮に融和的な文政権の意向をくんだものだ。文氏は、大統領選中だった17年5月、北朝鮮が韓国の「敵」かどうかをテレビ討論で問われ、明言を避けた経緯がある。

28292 0 国際 2019/01/15 18:37:00 2019/01/21 12:22:25 2019/01/21 12:22:25

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ