与党大量造反、230票差で英EU離脱案を否決

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

15日、離脱協定案が否決された後、英下院で演説するメイ首相(ロイター)
15日、離脱協定案が否決された後、英下院で演説するメイ首相(ロイター)

 【ロンドン=広瀬誠】英下院(定数650)は15日夜(日本時間16日未明)、欧州連合(EU)から抜ける条件などを定めた離脱協定案を採決し、賛成202、反対432の230票の大差で否決した。野党の反対に加え、与党・保守党の4割弱にあたる118人が造反した。最大野党・労働党は内閣不信任案を提出した。

 否決を受け、メイ首相は与野党と協議の上、21日までに代替案を明らかにする意向を示した。ただ、議会の過半数が支持する案を示せるかは見通せず、3月29日に予定する離脱の先行きは不透明感が強まっている。EUとの取り決めがない「合意なき離脱」に向かう懸念も残っている。

 採決では、北アイルランドの国境管理に関し、管理方法が定まらない場合に英国が事実上、EUの関税同盟に残る案に、保守党の強硬離脱派らが「永遠にEUに残される」と猛反発した。メイ政権と閣外協力する北アイルランドの地域政党「民主統一党(DUP)」も10人全員が反対した。メイ氏は昨年12月中旬の採決を延期して反対派の説得にあたったが、反発が収まらなかった。英ザ・タイムズ紙によると、230票差は英議会の歴史で、政府が敗れた最大の数字という。

 労働党が提出した不信任案は16日夜(日本時間17日未明)に下院で採決される見通しで、可決されれば総選挙となる可能性がある。協定案に造反した保守党やDUPの議員の間では、労働党が提出した政府への不信任案に賛成する動きは出ていない。

 メイ氏は離脱協定案の採決後の声明で、不信任案が否決され政府が信任されれば、「議会の支持を得るため何が必要かを各党幹部と議論する。最良の道は、秩序ある形で離脱することだ」と述べた。否決された離脱協定案に代わる方針を与野党でまとめ、EUからの円滑な離脱を実現する考えを示唆した。

 ただ、離脱派と残留派で割れる与野党と協議し、新たな協定案を作るのは容易ではなさそうだ。方針がまとまらなければ離脱日の延期や、離脱の是非を問う2回目の国民投票の実施を求める声が高まるほか、「合意なき離脱」へ向かう可能性がある。

 英国は2004年以降のEU拡大による移民の増加などから国民の不満が高まり、EUから出るよう求める声が強まった。16年6月の国民投票でEU離脱を決め、メイ氏は17年3月29日に離脱を通告した。これにより英国は今年3月29日にEUを抜けることになった。双方は昨年11月に離脱協定案に合意し、メイ氏は下院に承認を求めた。

 ◆離脱協定案=英国のEU離脱条件などを定めた文書。〈1〉2020年までの英国のEU予算の分担〈2〉英国在住のEU市民の権利保護〈3〉英領北アイルランドと地続きのEU加盟国アイルランドとの国境管理に関する規定――などが盛り込まれている。離脱後の混乱を和らげるため20年末まで英EU関係を実質的に変えない「移行期間」も定めている。

無断転載禁止
28666 0 国際 2019/01/16 11:32:00 2019/01/21 12:27:59 2019/01/21 12:27:59 REFILE - QUALITY REPEAT  Prime Minister Theresa May addresses Parliament  after the vote on May's Brexit deal, in London, Britain, January 15, 2019 in this screengrab taken from video. Reuters TV via REUTERS https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190116-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ