駐日ロシア公使「平和条約交渉、進展ないはず」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ビリチェーフスキー駐日ロシア公使と、新潟県立大学・袴田茂樹教授が18日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、22日に行われる日露首脳会談の行方について議論した。

 北方領土問題を含む日露平和条約交渉について、ビリチェーフスキー氏は「第2次大戦の結果を(日本が)認めないと交渉はうまくいかない。会談で大きな進展はないと思う」と話した。袴田氏は、日本が導入する地上配備型迎撃システム「イージスアショア」にロシアが警戒感を示している点について、「最近のロシアは(日米などの)ミサイル防衛網に囲まれているという被害者意識を強く持つようになっている」と指摘した。

 21日のテーマは「また厚労省で不祥事! 不適切な調査はなぜ?」で、ゲストは橋本岳・元厚労副大臣と江田憲司・衆院議員。

57037 0 国際 2019/01/19 00:04:00 2019/01/21 12:43:26 2019/01/21 12:43:26

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ